本気を出してビジネスを始める動機について


 

この記事は2分半で読めます

 

 

人は理性でしか望まないものは、決して熱烈には望みません。

 

 

私の廃墟不動産投資(空き家不動産投資)を始めてみたい方は結構な数、おられます。

 

 

2017年という時代はまだかなりの好景気なので、

 

※2020年代から見ると、懐かしき黄金時代とも言えます つまり、数年後からは景気が大きく崩れ始める見通しです

 

稼げるビジネスはたくさんあります。

 

 

しかし、例え月に50万稼いだとしても、延々と同じだけの労力をかけ続けなければなりません。

 

 

不動産投資の良いところは、不労収入です。

 

 

しかも、廃墟不動産投資では貯金や融資が不要です。

 

 

「仮想通貨で先月100万稼ぎました!」みたいな話はよく聞きますが、

 

元手も要りますし、来月は100万損するかもしれません。

 

 

廃墟不動産投資は1年活動して毎月20~30万などと、相当控え目な数字です。

 

 

しかし、毎月20万という収入(家賃「利益」、つまり手取り)を作れば、

 

なかなか減ることがありません。

 

 

仮に何年もずっと放置し続けたとしても、毎月15万ぐらいに少し減るだけで、

 

最低限のメンテナンス(退去時の入居者の補充)をこなせば収入は普通に維持できます。

 

 

何かを始めるには、特に新たなビジネスを始める場合、

 

本能から来る欲望に基づいた、強烈な動機が不可欠です。

 

 

車が石油で動くように、動力源として必要なのです。

 

 

すでに成功されているような方であれば、

 

社会貢献や地域活性化、空き家問題の解決のために活動してみたいというのも強烈な動機の1つとなり得ます。

 

 

しかし、ほとんどの人の場合、

 

・今の困窮状態を脱すべく、金を稼ぎたいから

 

・収入を増やしてモテるため

※実は収入を増やしてもモテないので、モテることを目標に努力するための収入を得る、という考え方です

 

・ずっと旅行したり高級品を買いあさるなど自己の快楽を得るため

 

・あまり働かず日々自由に好きなことを楽しむため

 

・苦労をかけた家族に楽をさせてあげたい そして、自分も毎日遊びまくってストレスなく生きていきたい

 

といったものが強烈な動機ではないでしょうか?

 

 

こう言うと「何て下品な奴だ」と批判されることはよく分かります。

 

 

人々のそうした批判は、その人にとっては無意識でも、脳の建前を司る部分から生まれており、

 

基本的に本音主義の私にはほぼ無影響です。

 

 

仮に私が「社会貢献 地域のため 空き家問題の解決のため」と言っても、

 

私がそんなことはほとんど思っていないので、そう熱弁することはできないし、

 

「社会貢献 地域のため 空き家問題の解決のため」と言ってる人はなかなか成果を出せず、

※すでに経済的に成功している人は除きます

 

「金のため モテるため 快楽を得るため 自由に好きなことを楽しむため」のほうが成果を出しやすくなります。

 

 

「自分なんぞより他人を幸せにしたい」というのは、日本人に多く見られる崇高な美徳です。

 

 

しかし、他人を幸せにしたければ、まず自分が余裕で幸せになっておく必要があります。

 

 

思い返せば、東日本大震災が起きたとき、私の物件の入居者で、

 

家族を顧みずに借金してまで寄付していた、芸術系の貧乏な人がいました。

 

 

もちろん、その心意気自体は素晴らしいのですが、

 

借金のせいで家族はバラバラになり、その人の奥さんは夜の世界に消え(沈み)、子どもは義務教育を終えてすぐに学業を諦めたそうです。

 

 

そして、その寄付が全然続かなかったことは言うまでもありません。

 

 

ちょっと極端な例だったかもしれませんが、繰り返します。

 

 

他人を幸せにしたければ、まず自分が余裕で幸せになっておく必要があります。

 

 

余裕で幸せになるためには、

 

「幸せの阻害要因」である「あまり金を持っていないこと」「あまり自由な時間がないこと」を除去していく必要があるのです。

 

 

「金と時間がありさえすれば幸せ」とは限らないので、ちょっとややこしい表現となりました。

 

 

廃墟不動産投資をはじめ、新たなビジネスを始める際は、「社会のために尽くすんだ」という建前は捨てて、

 

「まず自分が稼ぎまくって仕事をやめて遊び尽くして幸せを感じたい!!」

 

という本能から来るエネルギーを活かしてください。

 

 

そうすれば、将来、じじぃになって人生の回顧録を著すとき、

 

「私は自己を犠牲にして社会のため他人のために延々と尽くしてきたのです」

 

のように稲盛氏っぽく自慢することもできます。


人気ブログランキングに参加しました。

ぜひクリックいただけると嬉しく思います。


廃墟不動産投資家のランキングは今、何位?

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

 

 

 



フツーサラリーマンのコンサル

コンサル代は365日でわずか6.4万

普通のサラリーマンでもできました

本業が忙しいのに1年弱で毎月20万突破 平凡な方が副業でちょっとした副収入を得るに生々し過ぎる指導

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・始まったばかりながら、最初の1軒目の成果報告が相次いでいます! ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 

 

 



ちゃんとしている卒業生さんのコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

廃墟不動産投資に融資を組み合わせ、豊富な経験と知識、そして圧倒的な資料を用いながら超丁寧な指導

一般の不動産投資も教えられます

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・43人中30人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 



ちゃんとしていない卒業生さんのコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

誰もが驚く常識外れの価値観とぶっ飛んだ行動力で、300万の家を5万で買ったり、タダで家を借りたりできる!

人生を露骨に変えてみたい人にお勧め

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・36人中15人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 

廃墟不動産投資の対面の個人コンサル

90分2.9万

東京・京都・大阪で開催

スケジュールはこちらへご連絡ください

 

 

民泊を始めたい方へ、メールにて簡単に無料のご相談を受け付けます。
→ こちら


「本気を出してビジネスを始める動機について」への7件のフィードバック

  1. 今まで中古車程度の値段の物件を購入して、貸し出しましたが、借入れをひくと大した利益になりませんでした。
    いつも、買わずにやるにはどうしよう、と考えていたところに、先生の方法を知りました。頭の後ろを殴られたような衝撃を受けました。
    即座に商材を買い、今か今かと待っております。
    隣町は人口47000、空き家が471件あるそうです。
    全て回って10%しか成立しなくても47件も可能性があります。
    諦めずにやります。
    どうぞ今後とも宜しくお願い致します❗

    1. はい、ありがとうございます!

      これからが楽しみですね。

      ぜひ、今の気持ちのまま、いや、むしろもっとモチベーションをアップして取り組んでいってください✫

      物件無料GETもできそうですね。

  2. やはり、自分の気持ちに正直に動かないと無理がでますね。正直に頑張ります。

    1. 「儲けて楽して海辺でゴロゴロしたいです!」っと言うのは、実は全然悪いことじゃないです

      何と、猫でもそうしています

      それを悪いことだ決めつける空気は、

      労働者を無思考のまま奴隷化したかった過去の累々の経営者たちが、

      無垢なる民に植え付けた一種の洗脳なのかもしれません

  3. やはり正直に動かないと無理がでますよね。
    変に飾らず正直に頑張りたいです。

  4. スミマセンm(_ _)m途中でスマホがフリーズしたので二回コメントを入れてしまいました。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です