動画 第49回/100回  壮大な好景気と、機械への投資の重要性


 

 

今月の名言

 

男たるもの、古来からの本能に従い、傍若無人に振る舞えばいい

 

批判や他者からの承認など全くもって不要だ

 

ただし、永遠に捨てねばならないものがある

 

それが、嫉妬心だ

 

廃墟不動産投資家 2017 10 01

 

 

~不動産、無料ゲット!~

8,000,000円の物件を5万で購入するには?

12/2(土)セミナー 東京・原宿エリア 13~17時 懇親会は17時半~19時半  参加費1.9万 少し増席! ご参加はこちら

 

 

ものすごい好景気で、逆にいろいろなサービスが使いづらくなっているほどですね。

 

 

高級店でも入れないことは頻繁にあります。

 

 

グリーン車も混んでいます。

 

 

ホテルの予約の取れなさは異常値を超えてきました。

 

 

また、最近の企業や営業マンは以前ほど低姿勢ではなくなってきています。

 

 

忙し過ぎて余裕が無くなっているのに加え、ペコペコしなくても、客は買わざるを得ないからです。

 

 

そもそも供給が少ないから、客は企業にあまり横柄にできなくなります。

 

 

そして、掃除やごみ処理、洗濯、その他雑務など、低い時給で働く人はなかなか見付かりません。

 

 

人件費が高騰しているので、何でも屋さんも家政婦さんも利用しにくい状況です。

 

 

よって、高性能洗濯乾燥機はバカ売れしているようです。

 

 

今は超高級品である、洗濯物自動折りたたみ機も、2020年を超えた辺りから爆発的に普及していくでしょう。

 

 

しかし、そうした機械類も、運ぶ人がいないし、工場労働者も少ないので、生産もなかなか追い付かず、何ヵ月も待たねばなりません。

 

 

設備に大規模に投資すべき時代が来ています。

 

 

これから人手不足が深刻化するので、

 

機械に頼っていく技術が求められます。

 

 

2025年辺りから、AIとロボットがかなり一般的な存在になってくるので、

 

そんなに人手不足に悩まされなくても済みそうですが、

 

それまでの8年ほどは、経営者が最も取り組むべき課題が、

 

最低限のスタッフの確保と、

 

スタッフを省略できる機械の導入と、

 

ビジネスのストイックな効率化・合理化です。

 

 

例えば、段差だらけのボロアパートの共用部は、

 

今までのように管理人に丁寧に掃除してもらうのではなく、

 

思い切って投資して床を全部平らにして、ルンバを走らせねばなりません。

 

 

人を使った丁寧なおもてなしではなく、

 

高額投資してその価値によって稼いでいく必要があります。

 

 

具体的には、スタッフが旅行客に笑顔で挨拶してお茶を入れてあげるのではなく、

 

自動で便座が開くトイレやおしゃれな内装などでお客の満足度を確保していくこととなります。

 

 

ベッドも思い切って一気に買い替えて、スタッフが短時間でシーツなど替えられるものに更新しなければなりません。

 

 

あと数年で、労働者が王族扱いされる時代が到来する可能性があります。

 

 

企業のCEOやCOOが、トイレ掃除のおばちゃんやゴミ処理のおじさんにペコペコしなければならない時代です。

 

 

「やい、CEO、俺達がいないとオメーら、生活できねーんだぞ、モップの使い方も知らねーガキども、わかってっかよ!」

 

「はい、それは重々承知しております 心から日々のご出勤に感謝の気持ちを表します   来年のお給料は3割アップでご勘弁いただければ幸いに存じます」

 

「おぅ、チンケな上げ幅だが、オメーらは感じいいからそれで継続してやんよ あ、そうそう、明日は休むかんな、わりーわりー」

 

「えぇ!明後日は最大の取引先のお客様が大勢いらっしゃるのです そこは何とか、ご出勤いただけますか、、」

 

「何だよCEO, いまどき客なんかに頭下げんじゃねーぞ、『受け入れてやってるだけありがたく思え』って態度でいーだろーがよ」

 

「あぁ、それもそうですね」

 

 

2019年にはこんな会話が旅館業の裏側で繰り広げられているかもしれません。

 



 

 

人気ブログランキングに参加しました。

ぜひクリックいただけると嬉しく思います。


廃墟不動産投資家のランキングは今、何位?

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

 

 

 



フツーサラリーマンのコンサル

コンサル代は365日でわずか6.4万

普通のサラリーマンでもできました

本業が忙しいのに1年弱で毎月35万突破 平凡な方が副業でちょっとした副収入を得るに生々し過ぎる指導

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・始まったばかりながら、最初の1軒目の成果報告が相次いでいます! ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 

 

 



ちゃんとしている卒業生さんのコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

廃墟不動産投資に融資を組み合わせ、豊富な経験と知識、そして圧倒的な資料を用いながら超丁寧な指導

一般の不動産投資も教えられます

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・43人中30人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 



ちゃんとしていない卒業生さんのコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

誰もが驚く常識外れの価値観とぶっ飛んだ行動力で、300万の家を5万で買ったり、タダで家を借りたりできる!

人生を露骨に変えてみたい人にお勧め

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・36人中15人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 

廃墟不動産投資の対面の個人コンサル

90分2.9万

東京・京都・大阪で開催

スケジュールはこちらへご連絡ください


「動画 第49回/100回  壮大な好景気と、機械への投資の重要性」への7件のフィードバック

  1. 最低時給は確かに上がってきて、私の高校生の頃に比べて高校生のアルバイトが明らかに裕福な気はしますが、そこまでの変化が既に待ち受けている感じですかねぇ?

    1. いつもありがとうございます。

      今後の5年は今までの10年間、

      今後の10年は今までの30年間ぐらいのスピードで急速に変化していきます。

      例えば、2027年のTV番組(そもそもTVがあるかどうか微妙)の「2017年にはどんな時代だったか?」という特集では、

      「2017年の居酒屋では、生きのいい若い大学生が300円でビールをわざわざ運んでくれていました」

      と紹介され、「あ~、確か昔そんな時代あったよなぁ~」とほとんど50代以上の出演者達が懐かしむという場面が想定されます。

      2027年では、若い大学生がわざわざビールを運んでくれるなどというアナログサービスは、

      ペニンシュラの最上階のバーなど超高級店限定となっています。

  2. 昔読んだ小説で、直接会うことや、どこかへ移動する事はとても贅沢な事になり、普段はVRの中で社会活動を営むという事を予想していたのですが、そんな感じの社会になっていくんですか?

    1. はい、2020年代後半からはかなりそのような社会になっています。

      人々はVRで(海の)サーフィンしたり、(南米の)ジャングルを体験したりして遊んでいます。

      例えばVRでスノーボードに行き、谷に落ちても感覚として恐いだけで、

      全く怪我などはありません。

      VRとAIと人造人間の組み合わせで、

      部屋にこもって仮想の美少女と暮らすようなモテない男もかなり増えており、

      ちょっとした社会問題となっています。

      2017年はまだまだアナログで、昔ながらの暮らしが残っていますね。

  3. なかなか空恐ろしい感じてすね(=_=)

    20年以上前、大学のゼミでほとんどの学生がバーチャルアイドルは市民権を得られないと言っていたのを思い出します。

    私はその時唯一市民権を得られる側だったので、村上さんの未来予想は当てはまる所は多いでしょうね(´д`)

    1. ありがとうございます。

      ちなみに、予想ではなく、未来から私はやって来ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です