私は商売ベタだとかなりバカにされています。


今日の論文を読むのにかかる時間は4分です

 

私の本拠地、京都では全国一、二を争う不動産のスーパーバブルがさらに異常値を超えて猛加速中です。

 

 

私個人にも影響があり、

 

3万で借りた家も22万で貸すことになり、

 

4月からホテル暮らしとなります。

 

 

京都の不動産の世界は、バブルと言うか、インフレです。

 

 

私が0.5万で借りて4万で直して8万で貸している物件(京都駅徒歩3分でコンビニの隣)は、

 

現在の家賃相場が500,000円以上で、

 

更地になった場合の売買相場は120,000,000円であり、

 

4000万でオーナーが売ってしまいそうなので、

 

私と入居者を追い出して建物を解体すれば不動産業者は80,000,000円の利益となるので、

 

開発コンサルタントや顧問弁護士軍団を引き連れて猛攻撃を仕掛けようとしています。

 

 

私は、立ち退き料550,000,000円の請求で反撃する予定です。

 

 

まるで、ナメック星から人造人間シリーズへステージが変わったときのようなハイパーインフレです。

 

 

私は、本来稼げるはずの10分の1ぐらいしか家賃で得ておらず、

 

業者からすると資本主義に最後までしぶとく抵抗するボランティア主義者に見えています。

 

 

「500,000円で貸せる物件を8万で貸しやがって!」

 

「貧乏なお前たちに数百万を恵んでやると言っているのに、頑なに拒みやがって!」

 

「絶対に許さんぞ虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」

 

というのが本音でしょう。

 

 

私はそんなに超絶商売下手であるにも関わらず、

 

なお、余裕でほぼ働かず年収2000万ぐらいは確保できています。

 

 

廃墟不動産投資とは、それほど強力な投資スキルです。

 

 

社会から、特にプロの不動産業者からは、

 

私は慈善事業のボランティア団体の主催者とみなされることが多数です。

 

 

実際、慈善事業で活動しているわけではなく、

 

資本主義の中で生きる普通の一事業者なのですが、

 

傍から見ればボランティアにしか見えないような家賃で運営していても、

 

実はプロの不動産業者とさほど大差ない、

 

年収2000万程度は稼げています。

 

 

しかも、日常的に買収や立ち退き交渉を繰り返している年収2000万ほどのプロの不動産業者は毎日スーツを着て働いていますが、

 

廃墟不動産投資をマスターした人間は、特に働く必要がありません。

 

 

しかも投資していないので、リスクもなく、

 

負債もありません。

 

 

また、よく私に投げ掛けられるのが、

 

「超絶鬼安ではなく、普通の家賃で貸せばいいのに」

 

という疑問です。

 

 

特に京都の不動産業者から見れば、

 

Twitterをはじめました

 

「京都の地価爆騰エリアで古くからの住人を追い出して、古い町家をぶっ壊して更地にして売りまくれば一瞬で何億も稼げるのに、なぜそうしないのか?」

 

と猟奇的変人のようにいぶかしがられます。

 

 

その疑問に対する私の答えは一つで、

 

「皆がやっているからつまらない」

 

というものです。

 

 

皆がやっていると、オリジナリティーが無くて生きている実感が湧かないからです。

 

 

慈善事業にこだわったり、弱者を特に保護したいわけではありません。

 

 

金にならない弱者にばかり肩入れする慈善事業のボランティア人間だと、


 

不動産業者たちから揶揄されても、

 

なお楽勝で年収2000万ぐらい得ているので、

 

何をしていてもさほど生活に困ることがありません。

 

 

高級腕時計・高級クラブ通い・高級車・高級タワマンに興味が持てないので、

 

プロの不動産業者たちと右ならえして、

 

古い町家をぶっ壊して更地にして億単位の金を手に入れるモチベーションが、

 

どうしても私には湧いてこないのです。

 

 

ただ、今後、延々と好景気と不動産バブルがさらに加速していき、

 

年収2000万ぐらいがこっ恥ずかしくなる状況になってきたら、

 

もうちょっと普通の貸し出し家賃に近付けて、

 

プロの不動産業者に嘲笑されない程度の利益を得ていこうかと思っています。

 

 

具体的には、売買で例えると、

 

750万の物件を90万で仕入れて、なおも激安のまま190万で売るのではなく、

 

1000万の物件を190万で仕入れて960万で売るような感じです。

 

 

いつまでも、好景気と異常な不動産バブルが加速し続ける確率は20%ぐらいと見ています。

 

 

80%の確率で、人の心をおかしくさせる異常なバブルは破滅的に終焉すると予想しています。

 

 

個人的には、とにかく今のような好景気と不動産バブルは早く終わってほしいです。

 

 

もっと、例え不動産に携わる人であろうと、

 

古いものをみんなが大切にし、商売っ気がない人が増え、

 

高校生のように、数万円や数十万でも大金過ぎてあっと驚くような社会に戻ってほしいです。

 

 

何だか世の中が、特に不動産に関わる人たちが金余り過ぎて気持ち悪い、

 

というのが正直な感想です。

 

 

何億とか数十億とかのお金が飛び交わなくても、

 

高級腕時計・高級クラブ通い・高級車・高級タワマンにさえ興味を持たなければ、

 

誰もが豊かに日々何も困ることなく暮らしていけるということを、強く主張したいです。(written by 廃墟不動産投資家


 

廃墟不動産投資チャンネル

Facebook 友達の募集を開始します

 

廃墟不動産投資がなかなかうまくいかない。。

 

関西の都会で4部屋を全部まとめて月額1.9万(1部屋あたり4750円)は、さすがに絶対あり得ない!!

 

フツーサラリーマン(だった)コンサル

コンサル代は365日でわずか6.4万

普通のサラリーマンでもできました

本業が忙しいのに1年弱で毎月35万突破 平凡な方が副業でちょっとした副収入を得るに生々し過ぎる指導

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

コンサルの詳細

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・始まったばかりながら、最初の1軒目の成果報告が相次いでいます! ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 

 

首都圏で1日限定 空き家開発・訪問営業・リフォームと入居者募集の現場見学付きの、マンツーマンのコンサル

首都圏の方に朗報!!

コンサル代は2.9万のみ

担当は、廃墟不動産投資家のコンサルを卒業し、当初は「全然イケなかっ人」だったのが、

今は順調に取り扱い件数を増やし、ほぼ投資せずに月収600,000円超えを達成した、

全然イケなかっコンサルタント」です。


「私は商売ベタだとかなりバカにされています。」への1件のフィードバック

  1. まだ、村上さんを知ってから数日ですが、まず本を読み、FBやYouTubeを少し拝見しましたが、私達夫婦にピッタリの投資方法だと直感しました!!

    近々に講習会等がございましたら、お知らせ下さい。

    当方、東京暮らしです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です