非情なのに感謝された


 

まもなく平成が終わるので、ふんわりとゆるい話を紹介します。

 

 

ふとしたことで、車椅子の、身体障害者の人と私は知り合いになりました。

 

 

その方はかなり車椅子のスペックについて自慢されていました。

 

 

いわゆる、車を自慢しているおじさんと同じしゃべり方であり、

 

見た感じも普通のおじさんです。

 

 

しかし、道路に思わぬ段差があって、

 

それを乗り越えられず苦労されていました。

 

 

私は、「えー!さっきの話と違うじゃないですかー」「早く来てください」

 

と全然手伝いませんでした。

 

 

あまり思いやりのない私は、



本当に気遣いできない男であり、かなり薄情なのかもしれません。

 

 

しばらくして、その方は手の力だけで無理やり段差を突破しました。

 

 

その後、何事もなかったように雑談されていました。

 

 

後日、その方の知人が言うには、私のことをとても褒めてくださっていました。

 

 

「身体障害者になって初めての、困っているのに手伝われないという貴重な経験により、自分が男であることを思い出した」

 

という理由だったようです。

 

 

皆が手を差し伸べてくれることには感謝しないといけないものの、

 

いつも優しくされ過ぎてつらかったらしいです。

 

 

それが、私に放置されてしまったとき、

 

自分の腕にすごい力が残っていたことを発見できて、

 

ものすごく嬉しかったらしいのです。

 

 

私は全然優しくないので、これはたまたま感謝されてしまった事例なのですが、

 

障害者はあまり特別視されることを好まないケースが多いらしく、参考になれば幸いです。(written by 廃墟不動産投資家

 


 

廃墟不動産投資チャンネル

 

Facebook 友達の募集を開始します

 

廃墟不動産投資がなかなかうまくいかない。。

 

 

ちゃんとしている卒業生さんのコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

廃墟不動産投資に融資を組み合わせ、豊富な経験と知識、そしてオリジナルの私を遥かに凌駕する膨大な資料を用いながら超丁寧な指導

一般の不動産投資も教えられます

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

コンサルの詳細

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・43人中30人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 


「非情なのに感謝された」への2件のフィードバック

  1. こんにちは、鳴門です。
    ご無沙汰してます。
    確かに普段、身障者に対し助けがち(ある意味甘やかしがち)ですが、本当に本人の事を思えば、敢えて自力で頑張る努力をさせる事が非常に大事だと思います。

    今は亡き母が当初、杖生活をしていて、大変そうなので、車椅子を安易に与えたばかりに、努力しなくなり、まもなく寝たきりになり、死期が早まった事を今でも悔やまれます。。。

    1. いつもありがとうございます。

      なるほど、そんなお話があったのですね、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です