何かと不安な人は、何かと不安なまま一生を終える


この論文は3分で読めます

 

何かと不安な人からいつも安心している人へ、お金と信頼が露骨に流れます。

 

 

これは非常に重要な話であり、真実です。

 

 

廃墟不動産投資を含め、不動産投資を始めようと検討するとき、

 

決してあり得ないような、天文学的極小数値の可能性に執拗に拘泥する人が一定の割合で存在します。

 

 

例えば、

 

「物件を貸してから、その家の瓦が強風で吹き飛んでしまって通行人が大ケガしてしまったらどう責任を取ればいいのか?」

 

という、まず起き得ないことを延々と質問するような人です。

 

 

この時点ですでに、マインドの持ち方に大きな問題を抱えていると私は判断しますが、


この辺りでストップする人はまだかなりましです。

 

 

まだまだ不安のひどい人によく出くわします。

 

 

「物件を貸してから、その家の瓦が強風で吹き飛んでしまって通行人が大ケガしてしまった場合、あらかじめそのようなリスクに対応する保険に加入しておけばいいことは理解したが、必ずどんな場合でも保険が適用されると言い切れるのか?そうした保証について、万全であることの弁護士の見解を詳しく聞かせてほしい。なお、その見解を述べる弁護士は保険が専門分野なのか?仮に専門であったとしても、その弁護士の法的主張に何らかの抜けている点は考えられないのか?こうしたリスクマネージメントにコミットするアテンダンスに対するデューデリジェンスのリーガルチェックへのアカウンタビリティのコンティンジェンシーへエクスプラネーションを求めます!

 

などと、最後はお決まりの難解なカタカナ用語を連発して、

 

不安が積み重なり過ぎて何を主張しているのか分からない感じになります。

 

 

確実に断言できることは、

 

物件を貸してから、その家の瓦が強風で吹き飛んでしまって通行人が大ケガしてしまった場合、あらかじめそのようなリスクに対応する保険に加入しておけばいいことは理解したが、必ずどんな場合でも保険が適用されると言い切れるのか?そうした保証について、万全であることの弁護士の見解を詳しく聞かせてほしい。なお、その見解を述べる弁護士は保険が専門分野なのか?仮に専門であったとしても、その弁護士の法的主張に何らかの抜けている点は考えられないのか?こうしたリスクマネージメントにコミットするアテンダンスに対するデューデリジェンスのリーガルチェックへのアカウンタビリティのコンティンジェンシーへエクスプラネーションを求めることよりも、

 

すぐに一番簡単なことからまず行動することです。

 

 

すなわち、テクニックや知識よりも、マインド、つまりその人の有り方のほうが、

 

圧倒的に大切なのです。

 

 

そして、不安になって無駄なことばかり調べたり学んだりこだわったりしている人は、


生涯を通じて一切の行動を始められず、

 

延々と知識ばかり増やしていき、お金と時間を空費し続けた挙げ句、

 

おじいさんになっていずれ死を迎えます。

 

 

残念ながら、その人の人生は、生涯を通じて一切の行動を始められず、

 

延々と知識ばかり増やしていき、お金と時間を空費し続けただけなのです。

 

 

そうしたメンタルだと、人からほとんど信頼されませんし、何かを任せられることもありません。

 

 

知識がいかに役に立たないか、そして、知識に頼り過ぎないことの重要性を、多くの人は認識するようお勧めしたいです。

 

 

大切なのは、天文学的極小数値のリスクを回避する無駄な知識を生涯にわたって延々と増やし続けることではなく、


そうした知識へのこだわりから自由に解放され、まずは行動を始めることです。

 

 

不安は、常にあれこれ机上の空論を頭の中で生み出すばかりで、

 

逆に人生や暮らしを暗く不便にどんどん悪化させます。

 

 

天文学的極小数値の可能性のリスクよりも、

 

そうしたことにこだわって人生を空費してしまうことのリスクのほうが、

 

明らかに天文学的に極大であると言えるのです。(written by 廃墟不動産投資家

 

物件無料ゲット

 

DVD『異常激安リフォーム宇宙一決定戦』

 

廃墟不動産投資チャンネル

 

Facebook 友達の募集を開始します

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です