同じ物件を、何と500万で買うより0円で買うほうがお得 ~並程度のプロでは到達できない特殊理論~


 

この記事は2分半で読めます

 

私が世に初めて紹介した物件無料ゲット

 

つまり、不動産を無料で手に入れる経済的魔術について、

 

超絶頭が良い人と超絶頭が悪い人を除き、

 

すなわち99.99%の人が、

 

「そんなことしたら贈与税がかかるでしょ」

 

「税金がかかる 無料でなんか絶対にもらいたくない」

 

と反射的にコメントしたり、拒絶反応を見せたりします。

 

 

贈与税だけでなく、多くの人は不動産取得税とか固定資産税もかなり気にされます。

 

 

以前、不動産業者に不動産を教えている、不動産のプロ中のプロの方に物件無料ゲットの話をお教えしたところ、

 

やはり、税金がかかるからダメ、と言われていたので、

 

あるクイズを出しました。

 

 

「田舎の無価値の不動産を無料ゲットし、税金を5万程度支払うか、

都内の一等地の不動産を無料ゲットし、年間10,000,000円を超える税金に苦しめられるか、

どちらを選ばれますか?」

 

 

不動産のプロの方は大笑いしながら、

 

「そりゃー、おめー、田舎のほうがましだろぉ!タダなのに10,000,000円払ってどうすんだぁ!それより、宅建、取ったほうがえーぞぉ!」

 

と即答しました。

 

 

相手はプロなので、プライドを傷付けないよう、

 

実力的にそもそも異次元に位置する私は下記のようにやんわり説明しましたが、

 

実はそこに、読者さんの思考を遥かに上回る、プロでも全然気付けない、

 

物件無料ゲットの変態的な論理のトラップが仕組まれています。

 

 

すなわち、多額の税金を払ってでも、田舎の無価値の不動産より、

 

都内の一等地の不動産を無料ゲットしたほうが圧倒的にお得なのです。

 

 

なぜなら、どんな物件であろうが、物件価格より税金が高いことなどあり得ず、

 

税金が1000万なら、その不動産の価値は1億を超えます。

 

 

手元に1000万を持っていなくても、その不動産を担保にすれば余裕で払えます。

 

 

そもそも、無料か有料かに関わらず、

 

どんな物件を購入しても固定資産税などが発生します。

 

 

「税金がかかるから物件無料ゲットは損だ」

 

と言うなら、税金を払って物件を購入するほうがもっと損です。

 

 

たいていの場合、無料ゲットできる物件は田舎のボロ屋が多く、

 

支払うべき税金などたかが知れています。

 

 

価値の低い物件なら数万円程度です。

 

 

税が仮に高い場合、価値の高い物件を無料ゲットできたということです。

 

 

100万の価値の物件を無料ゲットして、3万の税を支払うより、

 

800万の価値の物件を無料ゲットして、50万の税を支払うほうがお得です。

 

 

これは何度説明しても理解されない方が非常に多いのですが、

 

要は、物件無料ゲットは理屈上、税額に関わらず損しないということです。

 

 

固定資産税を減額または無料にできる可能性のあるノウハウも存在しますが、

 

ちょっとそこは話のレベルが高過ぎるので、イベントなどに来られた方はぜひご質問ください。

 

 

先日、相場としては600万程度のとある中古戸建を無料でゲットできそうな人から、相談がありました。

 

 

その方は超絶優秀なエリートサラリーマンですが、やはり、

 

「無料でもらったら税金がかかりますよね、なので、500万ぐらいで購入しようと思います」

 

というお考えだったので、とにかく、少々の税金は気にせず、

 

600万の家は500万で買うのではなく、無料でもらったほうが明らかにお得である旨を熱弁しました。

 

 

かなり以前の話ですが、ある経営者さんが、

 

「お客からの注文が殺到しているけど、稼いでしまったら税金がかかるから、どうしよう、、」と言われていたので、

 

その経営者さんのお客から支払われる代金の振込先を、無関係の私の口座にしてもらい、

 

利益を全部差し引き、6割をその経営者さんに戻しました。

 

 

経営者さんは利益がなくなったので、税金を払わずに済んで喜んでいました。

 

 

私はなぜか100万もらって60万払うという取引を重ね、儲かりました。

 

 

その利益に対してもちろん税金はかかるわけですが、何もしていないのにお金を稼げて、不思議な気分でした。

 

 

「利益無料ゲット」とも呼べる取引ですが、

 

利益を生むと課税されることから、利益を回避する人が非常に多いので、

 

単にお金を受け取り、利益を差し引いて戻してあげる取引が可能になります。

 

 

でも、本当は、それってとてももったいないことです。

 

 

1.1億の物件を無料でもらったら0.1億税金がかかるから、

 

1.1億の物件は1.1億か1億で買う、というのはとても損しています。

 

 

1.1億の物件を無料でもらえるなら、0.1億税金がかかったとしてももらうべきです。

 

 

どうしても、1000万相当の不動産を無料でもらうのが怖い人は、

 

私が代わりにもらってあげます。

 

 

そして、その物件を400万ぐらいで販売します。

 

 

400万が安過ぎて気持ち悪ければ、800万とか900万で売ります。

 

 

さて、このブログにたどり着くような、明らかに一般人の枠の外にはみ出た知性が高い読者の方々に、

 

もう一度質問します。

 

 

「田舎の無価値の不動産を無料ゲットし、税金を5万程度支払うか、

都内の一等地の不動産を無料ゲットし、年間10,000,000円を超える税金に苦しめられるか、

どちらを選ばれますか?」(written by 廃墟不動産投資家

 

 

廃墟不動産投資とは?

 

DVD『異常激安リフォーム宇宙一決定戦』

 

Facebook 友達の募集を開始します

 

廃墟不動産投資がなかなかうまくいかない。。

 

廃墟不動産投資チャンネル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です