99.9%の大衆と0.1%の成功者とを分ける、「損得」に関する重要な思考法


この記事は4分で読めます

 

今回も、書籍やセミナーなどどこにも教えられていない情報です。

 

 

成功者と大衆が取る行動と結果について、

 

自分と他人との関係を「損」「得」「どちらでもない=無」として分類してみました。

 

 

「自分=得 他人=損」の場合、

 

残念ながら、成功者は行動を断行します。

 

 

他人とは、自分の周りや関係者ではありません。

 

 

成功者は自分の関係者を重視します。

 

 

相手が全くの他人であるときに限ります。

 

 

恨まれて損しなければ実行しますし、恨まれて損するならやらない、といった、

 

冷徹で合理的な思考を持っています。

 

 

例えば、成功者は超絶お得な物件を買い取るとき、第一番手のライバルに勝つため、 続きを読む 99.9%の大衆と0.1%の成功者とを分ける、「損得」に関する重要な思考法


「認識は事実に勝る」って?


「認識は事実に勝る」とは、

 

私が今までふとつぶやいてきた、数ある名言の中の一つです。

 

 

分かりやすく説明すると、

 

相手が喜んでいればそれでいい、

 

つまり、書面とか取り決めや行為は無視して構わないということであり、

 

相手が怒っていればそれは問題で、

 

すなわち、書面とか取り決めや行為は何の効果も持たないということです。

 

 

例えば、女性は、素敵な男性から抱き締められるとそれは愛情だし、

 

気持ち悪いと思っている男性に肩を触れられたら、悪質なセクハラだと捉えます。 続きを読む 「認識は事実に勝る」って?