廃墟不動産投資 第98回/100回 ~本質をつかむ例題 誰も言えない少子化問題の本質~


 


 

<<しゃべっていることのメモ>>


ほとんどの人が言わない、物事の本質をつかむことが重要

 

例題 誰も言えない少子化問題の本質

 

若者の所得が~ 行政による出会いの場が~ 保育環境が~ 全て間違い

 

答えは、「後先考えない度を上げること」

 

日本は貧しい時代は子供が多かった

 

今でも、比較的貧しい沖縄が多く、最も豊かな東京では少ない

 

世界でも貧しい国が子は多く、豊かな国では少ない

 

日本の同じエリアでも、ヤンキーは多く真面目な人は少ない

 

いかに後先考えずに何も考えず子供を作るか?という度合いが少子化か否かを決めている

 

養育費、保育園の充実、仕事との両立、将来の不安、貧困家庭になるリスクなどあれこれ考えると少子化となる

 

人々の「何も考えない度」を上げることが重要

 

高1同士で作ってもいい

 

命が一番大切だからこそ、そのままで十分

 

全ての生命はそのように子孫を残す

 

「そうは言っても」と反論する人は、「何も考えない度」が低過ぎる

 

このように、周囲のタブーを気にせず本質をつかむと、物事が何でも超深く理解できる

 

 

 

廃墟不動産投資家のコンサル わずか14.8万 9時間DVD付き

 

物件無料ゲット

 

Facebook 友達の募集を開始します

 

廃墟不動産投資がなかなかうまくいかない。。


誰も書かない残念な世の中の真実について


 

建前だけの無難なブログ記事が多いはずなので、

 

ほぼ誰も書こうとしない内容をお伝えします。

 

 

世の中を観察していると、

 

足りない人は持とうとせず、足りている人が持とうとするということが見えてきます。

 

 

具体的には、金持ちはもっと富を得ようとし、

 

貧者はさらに金を減らそうとします。

 

 

様々な具体例 続きを読む 誰も書かない残念な世の中の真実について