不動産投資に知識など完全に不要である


この論文は3分半で読めますが、本質を理解するのは50分かかります

 

不動産で稼ぐために、見事にほぼ全ての人が、不動産の知識をたくさん得ようとします。

 

 

不動産に限らず、どのビジネスにおいても、見事にほぼ全ての人が、

 

そのビジネスの知識を大量に得ようとします。

 

 

あまりにも非常に基礎的な、超絶根元的な話で、

 

知識を得ることとはすなわち、「手段」「プロセス(過程)」です。

 

 

つまり、不動産投資なら、儲けるという「目的」のために、

 

知識を得るという「手段」を使ったり、面倒な「プロセス(過程)」を経たりします。

 

 

どのビジネスであっても、事業を成功させるという「目的」のために、

 

知識を得るという「手段」を使ったり、複雑な「プロセス(過程)」を経たりします。

 

 

この、「目的」「過程」をごちゃ混ぜにしたり、逆転させてしまったりして、

 

無駄な努力ばかりで人生を空費している人が、

 

本当に驚くべきことに、世間の95%以上 続きを読む 不動産投資に知識など完全に不要である


4/13(月)13時~ 大阪のボロアパートで現場実習会を開きます


お申込みはこちら

 

今のところまだ日本は鎌倉時代の神風に匹敵する奇跡が起きていて、

 

欧米に比べると全然コロナが流行っていませんが、

 

経済は全世界が連動しているため、

 

今年はさすがに久々の深刻な不況に突入する見込みです。

 

 

実は、廃墟不動産投資にとって不況は強い追い風となります。

 

 

そもそも、家賃収入はどのようなイベントの自粛が起きても全く減るわけではなく、

 

在宅勤務の企業が増えようが、不動産投資自体にコロナの影響は及びません。

 

 

しかし、失業する人が増えたり、企業が売上の激減によりボーナスを下げたりするので、

 

高い家賃で部屋を貸しているオーナーは、

 

入居者に退去されてしまう可能性が高まります。

 

 

必然的に、安い家賃の物件へ入居者が移動 続きを読む 4/13(月)13時~ 大阪のボロアパートで現場実習会を開きます