LINE友達追加で「買わない」不動産投資術の入門書プレゼント

空き家を活用し、リスクなしで不動産投資を始める方法が学べる

床の抜けた別荘をリフォーム費用ゼロ円で35,000円で貸すことに成功!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

物件無料ゲットの論理と実質的な豊かさ

 

 

私の考案した物件無料ゲットの基本的な原則とは、

 

誰も決して欲しがらないような

 

いわゆる廃墟を譲り受けることではなく、

 

 

本来は200~500万で取引されているようなボロ屋や築古物件を無料でもらい、

 

掃除とゴミ捨てだけで手っ取り早く激安の3万で貸したり、

 

ある程度リフォームして家賃を7万に設定したりすることです。

 

 

すなわち、月々5万や10万の家賃収入を得るため、

 

数百万以上も貯金を崩したり、数千万もローンを組む必要性はゼロだというわけです。

 

 

タダでもらえるものを数百万とか数千万も

 

使ってしまうのはもったいないと思いませんか?

 

タダでもらった床が抜けた別荘の仰天リフォーム


 

 

例えば、昨年、私は関西で別荘を無償で2軒譲り受け、

 

1軒は本当に自分の別荘として使い、もう1軒は35,000円で貸しています。

 

 

床は少しだけ抜けていたものの、安全確保のため

そこは

 







 

ガムテープで❌印を付けました。

 

 

ものすごく広くておしゃれな部屋なので入居者には喜んでもらえました。

 

 

つまり、リフォーム費用はゼロです。

 

 

 

1時間ほど自分で清掃しました。

 

 

「名目」の収入と「実質」の収入は異なる


 

物件無料ゲットに関連して、年収と実質的な豊かさにはやや乖離があると感じています。

 

 

 

経済用語を使えば、「名目」の収入と「実質」の収入はある程度異なるという意味です。

 

 

例えば、年収1250万と年収500万の男性がいるとします。

 

 

年収の差は2.5倍で750万です。

 

 

しかし、年収1250万の男性が、2LDKで家賃300,000円のタワマンに住み、

 

高層階からの日々の景色にも完全に飽きていて、

 

付き合っている女性にはいつもおごりまくりで、

 

毎回のデートで3~5万ぐらいの出費となり、全然貯金もできず

 

給料日前にはいつもの1500円のランチを諦めざるを得ない状況に

 

追い込まれているのに対し、

 

 

 

年収500万の男性は、自分で手軽に直した2LDKで家賃4万の庭付き一戸建てに住み、

 

自然の残るエリアであちこち散歩を楽しみ、

 

付き合っている女性にはいつもおごってもらうので

 

デート費用はほぼ無料で、

 

毎月コツコツ貯金もできていて、

 

定期的に無料でもらう中古の高級車で優雅にドライブを楽しんでいるとしたら、

 

一体どちらの暮らしが実質的に豊かでしょうか?

 


 

収入を増やすことが大切であることは論を待ちませんが、

 

それ以上に、実質的な豊かさを得るこそが本来の目的であるはずです。

 

 

たくさん稼いで、たくさんお金を使ってしまって手残りが少なくなり、焦ってしまうぐらいなら、

 

そんなに稼がなくても、いろんなことを無料で体験したり家や車を無料でゲットしたりして、

 

実質的には優雅で豊かな暮らしを手に入れることをお勧めしたいと思います。

 

(written by 廃墟不動産投資家

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
物件をマイナス円ゲットする達人 ↓ ↓
銀行融資を受けなくても「家賃」をゲット ↓↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 廃墟不動産投資家 , 2020 All Rights Reserved.