LINE友達追加で「買わない」不動産投資術の入門書プレゼント

空き家を活用し、リスクなしで不動産投資を始める方法が学べる

1年220万円の不動産投資コンサルは高過ぎるのか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この記事は全部読むのに3分かかります

 

私が推奨する、堀江貴文さんの元顧問I氏の220万円のコンサルは高過ぎるのでしょうか? 

 

それともお得なのでしょうか?

 

 

「私が推奨する」と言っているので、

 

結論が「お得ですよ」となることは、

 

頭が良くない人でもすぐわかると思います。

 

 

しかしながら、なぜ220万円というコンサルであってもお得だと言えてしまうのか

 

根拠をここでしっかり明確にしておきます。


まず、そもそもリフォームで損する人が多過ぎるという現実があります。

 

一般家庭の方のリフォーム

 

 

一般家庭の人は、家の建築主、例えば分譲マンションなら野村不動産のような大手で安心できるところに電話します。

 

 

そして、「リビングとお風呂をリフォームしたいんです」と言うと、

 

ニッカポッカの日当1.5万の職人と時給0.1万の見習いではなく、

 

年収9,500,000円の営業マン2人がやって来て、

 

きれいなスーツと清潔な身だしなみに上品な言葉で、

 

立派な品物を持って来て、

 

お客の話に丁寧に耳を傾けます。

 

 

そして、しばらくすると出てきた見積もりが12,000,000円!

 

 

お客も驚いてしまうのですが、

 

「まあ、信用できるところに任せるのがもっともだね」

 

と自己説得して、発注してしまうのです。

 

 

もちろん、大手業者がぼったくっているのではありません。

 

 

イケメン営業マンの高い人件費も、

 

一軒あたり大きな利益を出すための正当な営業活動です。

 

 

ただ、安心と引き換えに、お客は多額の貯蓄を減らすこととなります。

 

不動産投資家のリフォームは相見積もり

 

 

不動産投資家は、安心を求めながらもできるだけ安く施工しようとします。

 

 

そこで、ネットで検索して、

 

上位に表示された広告欄の業者を3社ピックアップし、

 

相見積もりを取ります。

 

 

「リビングとお風呂をリフォームしたいんです きれいにするのはもちろん、できれば安くしたいです」

 

などと言います。

 

 

そして、しばらくすると出てきた見積もりが6,200,000円、5,998,000円、5,700,000円!

 

 

「どこも結構高いけど、5,700,000円のところがまだ良心的だなぁ、諸費用という欄も無料にしてくれてるし、ここにしよう」

 

などと安易に探した少ない選択肢の中から決めてしまうわけです。

 

 

どの業者もぼったくりというわけではありませんが、

 

このようなリフォーム代では、不動産投資家はほとんど儲けることはできません。

 

 

甚だしい超低利回りとなります。

 

コンサル料220万円の不動産投資コンサルタントなら?

 

 

堀江さん元顧問I氏であれば、

 

その不動産投資家が実施しようとした「全く同じ工事内容」を、

 

200万とか150万で仕上げてしまいます。

 

 

6,000,000円の工事が150万になったとしたら、

 

それだけで十分過ぎるほど、220万円のコンサル代の元を取れてしまいます。

 

 

一方、私もコンサルを引き受けています

 

しかも、5,000,000円かかる工事をわずか5万で済ませるような独自ノウハウを大量に発明しています。

 

 

そう考えると、堀江さん元顧問I氏もお得だけども、

 

私に比べるとあまりお得ではないような印象となってしまいます。

 

 

興味がある方はLINEの友達登録

 

廃墟不動産投資家のリフォーム法なら?

 

私が5,000,000円の工事を100分の1の5万でやってしまうのは、

 

例えば、雨漏りで工務店が瓦葺き替え工事を500万と見積もるのに対し、

 

私はただ単に屋根にシートを被せてしまうことにより、

 

たった5万で「雨漏りを止める」という、500万の工事と同じ効果を得ています。

 

 

ただし、根本的に瓦を直しているわけではありません。

 

 

他にも、床はカーペット、壁はよしず、天井は布、

 

といったように、激安の材料を使い、

 

近所のおばちゃんのような完全な素人でも簡単に施工できる作業に限定することにより、

 

工務店の10分の1~100分の1というあり得ない費用で、

 

「見た目をよくする」という一般の工事と同じ効果を得ています。

 

 

ただし、やはり根本的に家を直しているわけではありません。

 

 

つまり、普通の工務店と決して同じ工事ではありません。

 

 

いわゆる、突拍子もないアイデアと呼ばれる類です。

 

 

私の得意とするクリエイティビティとアイデア力、常軌を逸した発想力が編み出した賜物です。

 

 

しかしながら、堀江さん元顧問I氏のノウハウは、

 

一般の工務店と全く同じ内容の工事を実施したうえで、

 

リフォーム代を半分以下に抑えるということです。

 

 

私は、アイデアやとんちによって、

 

そもそも「リフォームしない」という解決策を取っているのに対し、

 

堀江さん元顧問I氏は、一般工務店と全く同じ内容のまま、


その費用を半額未満にまで削減できる圧倒的多数のノウハウを保持しています。

 

 

また、物件を安く購入する交渉術や各種専門ノウハウも完璧にそろえています。

 

 

物件を激安で購入する辺りは私とほぼノウハウが同じです。

 

 

つまり、多くの人は7,000,000円で古家を買い、

 

3,000,000円で直し、家賃8万で貸して利回り9~10%と普通の利回りになるところ、

 

堀江さん元顧問I氏のノウハウなら安定的に、

 

同じ古家を399万で買い、同じリフォーム内容で99万で直し、

 

家賃80,000円で貸して利回り19~20%、

 

という高利回りとなるわけです。

 

 

その場合、1軒で全く同じ家賃収益なのに、

 

5,020,000円得していることになります。

 

 

コンサル代220万はわずか1軒で元が取れます。

 

 

普通のリフォームで高過ぎて損ばかりしているような方は、

 

堀江さん元顧問I氏のコンサルを受けざるを得ないのではないかと、

 

私は思うわけです。

 

 

なお、別件で堀江さん元顧問I氏の銀座の高級個人オフィスを訪問したとき、

 

コンサル内容についてもあれこれ話を聞いてきましたが、

 

コンサルは粘り強くしつこく根気よく執念を持って四六時中バックアップできる態勢が整っており、

 

超高額コンサルだけあって驚異的な丁寧さで再現性が保証されています。

 

 

よくわからない営業マン(まず流出リストから電話があり、最初は若くて美人の営業レディが現れ、あとから先輩のやり手の営業マンが登場)に、

 

本当は500万で入手できる物件を18,000,000円で買わされるなら、

 

220万のコンサルで生涯に渡って延々と得し続けるほうがお勧めなのは、

 

さすがに言うまでもありません。

 

 

ただし、誰でも受けられるわけではないので、私が紹介します。

 

 

実は、220万のコンサルは私が勝手にPRしているだけであり、

 

堀江さん元顧問I氏はすでに十分稼ぎまくっているので、

 

公にはコンサルを募集していないからです。

 

 

ご興味のおありの方は、こちらまでお問い合わせください。(written by 廃墟不動産投資家

 

 

物件無料ゲットのFacebookグループにご参加可能です

 

この記事を書いている人 - WRITER -
物件をマイナス円ゲットする達人 ↓ ↓
銀行融資を受けなくても「家賃」をゲット ↓↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 廃墟不動産投資家 , 2018 All Rights Reserved.