あ・ま・り*直してない、before-after


beforeの床は抜けていることが多く、時々ズボッとはまります。




普段通りの格好で行くので、はまった後はズボンの汚れを落としています。





私の個性が出た改装のbefore-after写真です。



誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続けて全国制覇へ動き出す、廃墟不動産投資家のブログ『9億円への道』

(拡大写真は文末)

before-afterのシリーズにありがちな「すごい大改装!全く別の家みたい!」ではなく、




おそらく、プロの不動産投資家の皆さんは、「あれ、大して直してないね」と感じられると思います。




その通りで、大して直していません。





例えば、一般的に台所のシンクは、古いものは撤去・処分され、新しいものが購入・搬入されて設置されます。




しかし、私の改装は、古い台所のシンクをそのまま改装しています。





清掃・塗装・板張りに力を入れています。




もし台所のシンク単品で考えると、労力がかかり過ぎて決して安くならないのですが、他の部屋とセットで「清掃・塗装・板張り」すると、新品に交換するよりはるかに安くあがります。






そして、素朴な手作り感が出て、安いながらも付加価値を演出できます。





誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続けて全国制覇へ動き出す、廃墟不動産投資家のブログ『9億円への道』



看板は常に手書きです。


簡単で安くて早いからです。


人気ブログランキングへ






誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続けて全国制覇へ動き出す、廃墟不動産投資家のブログ『9億円への道』






「あ・ま・り*直してない、before-after」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です