増築したとき、固定資産税をかけられない方法


( あの人は何位になってる? 人気ブログランキングへ)




増築したとき、固定資産税をかけられなかった、ある方からのお話です。




役人「え~、**さんですか、あ~ま~、**の固定資産税の、お~、え~、何と言いますか、
あ~、その~、評価をですね、え~、あ~、その~、ま~、」



投資家「失礼ですが、ご用件を手短にお願いします。」



役人「これは、あ~、失礼しました。え~、あの~、ま~、固定資産税の、え~、評価と言いますか、**さんのですね~、え~、」



投資家「ご用件を簡潔におっしゃってください。」



役人「あ~、これまた、え~、その~、失礼しました。実はですね、え~、**さんの、その~、固定資産税の、お~、」



投資家 (大声でゆっくりと)「手短に、お願いします。私は「え~、あ~、その~、」という、無意味な言葉をお聞きするために、電話しているのではありません。ご用件だけ、おっしゃってください。」



役人「あ~、すみません。ついつい、要らんことを申しまして、実はですね、その~、、**さんの固定資産税の評価につきまして、え~、」



投資家 (大声でゆっくりと)「え~あ~という不必要な文言ばかり聞かされ、はなはだ迷惑です。要件を簡潔におっしゃらないので、切ります。」



 ピ。(電話を切る音)




これで、電話と査定が無くなるそうです。




真似しちゃだめですよ(笑)






「増築したとき、固定資産税をかけられない方法」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    固定資産税は賦課課税なので、課税庁は自分で調査して勝手に課税してくるものと思ってました・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です