利回り15%の物件を、利回り80%にするために。 後編


さて、

~ 利回り15%の物件を、利回り80%にするために。 ~


どのように違うのか、考えた。


まとめてみよう。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 



1.~6.



7.

15% その他費用が4万
80% 「ん~、その他に何の費用がかかるかわからん」




8.

15% 家賃を8万に設定する
80% 家賃を2万9千と3万3千に設定する(シェアハウス)




9.

15% 入居者募集を賃貸屋さんに頼り、8万支払う
80% 自力で入居者を見つけ出す




10.

15% 入居者から追加工事を依頼され、15万を工務店に支払う
80% 入居者から追加工事を依頼され、3万を入居者からいただく



11.

15% 入居後、保証会社に10万取られる
80% 「保証会社って何?」



12.

15% 入居後、管理会社に毎月4千円ふんだくられる
80% 「はぁ?管理会社って何?存在意義あんの?」

13.

15% 「入居前の臨時ボーナス?何のことですか?」
80% もう一発、裏技使用。入居前の臨時ボーナス!10万。



1.~13.をまとめると、

15% 初期費用6,100,000 年間家賃収入912,000 利回り15%
80% 初期費用930,000 年間家賃収入744,000 利回り80%

となる。



15%は一般的には不動産投資で成功を意味する。



しかし、80%を志向するなら、15%のやり方とは根本的に変えていく必要がある。



私は、やはり80%を出すのなら、リフォーム代キャッシュバックという裏ワザが必須となってくると思う。



リフォーム代キャッシュバックとは何のことか、、、?



私も実はそんなことはまだまだできないし、詳しくも知らない。



しかし、本来200万かかる工事を、極限まで工夫して40万ぐらいに抑え、さらにそこから10万ぐらいのキャッシュバックを得ることは何とか可能だ。



人気ブログランキングへ



もちろん、裏ワザと表現しているが、違法でも脱法でも何でもない。正当なワザ、技術だ。



ただ、使える人数が限定されている。



つまり、ここで「◎×から△▲してもらうと~」と具体的に説明してしまえば、私自身がそれを使えなくなってしまう。



しかも、まだ私はほとんどそれを使いこなせていないレベルなので、仮に説明するとしても不可能だ。



************************



もし、すでに裏ワザを使っている方がおられたら、「可能な範囲で」情報交換したいものです。






「利回り15%の物件を、利回り80%にするために。 後編」への7件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    まさにプロのなせる利回りです。
    僕が思うプロは、3年以内の回収者。
    分からないし 実践できないし 手の届かない領域を遠目に見せて頂きました、はい。(・ω・)/

  2. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして、三重県の端っこで多少不動産にかかわっています。
    本業はリフォーム塗装です。
    キャッシュバックはセーフテイネット助成金でしょうか。
    私は自家消費のリフォームになってしまうのでうまく活用できていません。
    自分の物件を自分でなおすと助成金の対象外だからです。
    そういった業者権大家さんがバーターでしかも激安のリフォームをすると結構な助成金がもらえると思うのですが、いかがでしょうか?

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >しんさん

    ぜひとも情報交換しましょう☆

    直接、私へメッセージください。

    連絡先を書いてしまうと非表示になってしまうので、お気をつけくださいね!!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >しんさん

    お返事を2通お送りしました!

    なかなかアメーバのメッセージの検閲を通過するのは難しいようです。

    具体的な内容を書くとすぐに削除されます。

    「西日本内装工事研究室」で検索していただくと、「西日本内装工事研究室」のブログが出ます。

    先ほど「お問い合わせ先」というページをUPしました。

    そこに私の直接の連絡先を書いたので、そちらへ再度メッセージください。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    メッセージと知らせていただきましたアドレスへメールいたしました。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です