不動産の本を読んだ


私は不動産の本を読まない、と言いました。

(ちなみに、不動産の本でも、献本されたら必ず読んでいます。それは嬉しいことですから!)



しかし、一般的な不動産の本をいろいろ読んでみました。



どうすればうまくいくかが、わかりやすく書かれています。



でも、本当に思います。



私、これらのこと、全~然、やっていませんし、できていません。

(はっきり言うと、それらを実行する能力自体が欠落しています。)



例えば、「女性入居者さんのために、防犯設備をしっかり整えましょう」と記載されているとします。



このうえなく正解です。



やっていない大家さんは、すぐやるべきですね。




しかし、防犯がどの物件にも整うと、どうなるでしょうか?



泥棒は、リアルな犯罪を諦め、ネットの詐欺などに力を入れるのではないでしょうか?



今すでに、そうなっていると思います。



対策をそんなに取らなくて済む、ということです。



また、防犯を気にしない女性も少数ながらおられます。



外出時に鍵をかけない女性もおられるのです。



貯金もなく、自分が暴漢に襲われる対象ではないことを知っている方も少数派とは言え、おられます。



防犯性ゼロをPRする必要はありませんが、防犯設備代を完全に節約し、

「シャワーを浴室に変える工事無料 or 2ヶ月家賃無料」

という特典を提示する手だてもあります。




厳しい競争を必死で勝ち抜くのではなく、

競争から外れて実力不足のまま一人勝ちすることの方が断然楽で稼げるので、それもお勧めです。


人気ブログランキングに参加した。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です