衝撃の事実 変わる決意を新たにした人は、変われない


変わる決意を新たにした人は、変われないという法則を発見した。



不思議なものだ。



「今日からやる!」

「今からやる!」

「決意を新たにした!」

「俺はやるんだ!ビジネスを成功させる!」

「私はやるのよ!ダイエットしてモテるのよ!」



決意を新たにする人をよく見かけないだろうか?



決意を新たにする人は、結局、しばらくしたら、決意を新たにした何かを、やめてしまっている。



新たにした決意に、全く偽りは無い。



どの人も、とても純粋な気持ちで何かに対する決意を新たにした。



なのに、何も変えられないのだ。



なぜなのか?



それは、決意を新たにしたからではないのか?



何かを変えようと思ったとき、決意を新たにすることにより、変えられなくなるのではないかと思う。



つまり、何かを変えるときは、決意など新たにせず、大して決意することなく、徐々に変えていけばいい。



例えば、「毎日1キロ走る!」と決意を新たにすると、数日は毎日1キロ走るものの、しばらくすると全く走らなくなってしまうので、

いきなり1キロ走るのではなく、「1キロ走る!」などと意気込まず、0.05キロ軽く小走りすればいい。



0.05キロなら、走っている感覚はない。



毎日0.05キロ小走りしていると、余りにも短くて物足りなくなり、0.1キロ走りたくなってくる。



毎日0.1キロ小走りしていると、次は0.175キロ走りたくなってくる。




その繰り返しをするだけで、いつの間にか毎日3キロ走るような人になるのだと思う。



何かを始めるとき、決意を新たにしないことがお勧めだ。



変える人は、さらっと自己を変えている。



脳の構造を研究していると、自らの経験と重ね合わせながら、上記のような人間の行動様式が私は理解できるようになった。


人気ブログランキングへ 見つけてみてください




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です