ボランティアの活用


(この記事も1分30秒で読めます)

お金があり余っている人や、あまり時間がとれない人は、工事するときに職人や工務店に依頼すべきだが、

お金があり余ってはいない人や、時間がある程度確保できる人なら、

工事するときにボランティアを活用してみる価値がある。



「人の善意を商売に利用するなんて、モラルに反する」と考える人が多い。



しかし、それはあまりにモラルが高過ぎる。



ボランティアは、「絶対的に困っている人」だけを手伝おうとしているのではない。



ボランティアは、「ボランティアを必要としている人」も手伝う。



具体例は、ある社長の話の通りだ。



ボロボロの物件を再生する過程で、素人でもできる作業がたくさんある。



清掃、片付け、ごみ処分、雑草や植木の剪定、障子紙貼り直し、ちょっとしたペンキ塗装などだ。



これらを、ボランティアに任せてみるのも一つの手だ。



「そんな、何の社会的意義もない個人のリフォームにボランティアを呼ぶなんて、ふざけている」

と思う人は、やはりモラル病だ。



ボランティアは、「ボランティアを必要としている人」のところにやって来る。



素直に、

「一人じゃとても大変で、おっつかないんです。手伝ってくれる方、大歓迎です!現場に泊まってもらっても構いません☆」

と募集すればいいのだ。



初めて不動産投資する人にとって、珠玉のネタになれば幸いだ。


人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です