石ころを1000円で売る方法の、答え


廃墟不動産投資にチャレンジするための条件という記事で、

「その辺に転がっている石ころを、見ず知らずの人に売ってしまえる程度の基礎的な力が必要だ」

と書いた。



様々な反響をいただいた。



私が勝手に考える「正解」のメッセージをくださった方は、おられなかった。



どうすれば売れるのか、答えを書こう。




正直に、何も考えず、その辺の通りすがりの人に、

「これは単なる石ころなのですが、1000円で買ってもらえますか?」

と話しかければいいのだ。



これは、似たようなことを私が過去にやったことがあるから、単に経験談をアレンジして例示してみただけだ。



私の場合は、石ころすら使わず、単に

「いきなりですみませんが、1000円もらえますか?」

と声を掛けまくった。



私が18歳、大学1年のときに東京で一人で試してみた企画だ。



3時間で22,000円集まってしまい、世の中の人々に申し訳なくなって、やめた。



話を元に戻そう。



もしあなた(=このブログを読んでくださっている方)が、石ころを正直に

「これは単なる石ころなのですが、1000円で買ってもらえますか?」

とその辺の知らない人に話しかけた場合、

※話しかける人を、十分に選ぶことが必須です

(おじいさん)「何かあったのかね おかしなことを言って」

と不思議がられるだろう。



(あなた)「ある投資家の稼ぐ方法を実践するため、その人の文章を読んでいたら、『石ころを1000円で売ってみなさい』と書いてあったので、
その通りにしてみました。突然、変なことを申しましてすみません。謝ります。バカでした。」


(おじいさん)「ほう、そういうことか でもちょっと、よくわからんね なぜそんな投資家の方法を始めたいんだい?」


(あなた)「・・・実は、僕にはもうすぐ2人目の子供が産まれるのですが、僕は給与が非常に低額であるため、

家計が苦しく、妊娠中なのに妻はパートに出ています。夫として、男として、つらいです。

妻や子どもたちに経済的に楽な暮らしをさせてあげたくて、その方法を始めようと思ったんです。」



(おじいさん)「君はあまり頭は良くなさそうだが、正直で、信用できる人だね 

詳しいことはよくわからんが、その石ころを1000円で買うよ はい、1000円 この石ころは、持って帰らないといけない?」


(あなた)「いえ、その辺の石ころなので、地面に戻しておいてくださって構いません ありがとうございます」


(おじいさん)「家族を幸せにしてあげるんだよ がんばれよ さようなら」



こんな感じで、売れる。




「そんなものを1000円で売るのは図々しい」と考える人は、「まじめ病」「過剰誠実病」に侵されているのかもしれない。



「単なる石ころを買ってくれるわけがない」と考える人は、日本社会が性善説で構成されていることを理解していない。



YESキ*ストもビックリな性善社会。

私達は、見ず知らずの他人のために命を捨ててまで津波からの避難を呼びかけ続ける、日本民族なのだ。

そういう血が流れていることを、忘れてはいけない。



常人より少しだけ図々しくなり、性善説を強く信じることが、

廃墟不動産投資にチャレンジするための条件だったのだ。




何とすごいことに、融資も資格も知識も経験も初期費用も、要らないのだ。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ!




「石ころを1000円で売る方法の、答え」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!
    青函トンネルの入口にその手の人が沢山いました。まあ、その人達は「帰れない詐欺」だから少し違いますけどね。


  2. SECRET: 0
    PASS:

    3時間で22,000円集まってしまい、世の中の人々に申し訳なくなって、やめた

    って
    そんなに儲かるなら続ければいいのに
    やはりまじめ病なんですね

    大もうけする人は
    そこで引かずにどんどんやるでしょうね

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >1Rと地方木造一棟さん

    そんな方々がおられるんですか!

    嘘は一切言わず、本当のことを正直に言えば詐欺にならないのに、もったいないですね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    文章が、変わりましたね。
    廃墟さんの才能が伝わってきました。
    すいません、ポイントがずれてますね。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です