批判=嫉妬


この論文は1分半で読めます 早い方は1分で読破してみてください

皆さんは批判されることはありますか?



やはりときどき、批判されますよね。



私もよく批判されます。



陰で批判されることが多いので、実害は無いです。



しかしながら、誰かが陰口を言ったかどうか把握するため、秘密のセンサーを某所に取り付けているので(笑)、陰口が私に伝わってきます。


4日前、新たに楽待コラムを書いてみました。


平成25年後半までは、私はそれにいちいち傷付いていました。



今は、どうでもよくなりました。




なぜかというと、批判するというのは、単に嫉妬だからです。



つまり、批判者はヤキモチを焼いているだけです。



「俺はこんなに頑張っているのに、なんであいつは頑張らずに活躍しているんだ!」

「私はこんなに努力しているのに、どうしてあんなに稼げるんだ!きっと悪いことをしているに違いない!」

「奴が儲かっているのは今だけさ。きっともうすぐ、落ちぶれるって。長続きするわけねーよ。」



つまり、批判=嫉妬です。



意味が無い反応ですね。



自分よりうまくいっている人を見つけた場合、2パターンの反応があります。



1 嫉妬→批判→進化なし

2 パクる→吸収→進化



私は完全にパクる派です。



素直にパクって、自分を成長させた方が有益です。



また、嫉妬ではなく本当に批判すべき愚かな人がいるかもしれませんが、やはり批判しても全然メリットがないので、

そういう人のことはすぐに忘れた方が良いだろうと思います。


人気ブログランキングへ ←参加しましたよ!




「批判=嫉妬」への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    批判=嫉妬と考えれば
    気が楽にはなりますよね。

    すごいオレに嫉妬してるんだ
    下らないね、ざまーみろ!

    と解釈すれば傷つくこともなくなるでしょう。

    しかし、そういうことをブログネタに
    しているうちは、まだまだ傷ついている
    ということ。

    本当にどうでもよくなったら、そもそも
    話題にならないはず。

    あ、コメント返しは不要ですよー。

    無理に気にしてないよ、みたいな
    リアクションはしなくても。。

  2. 私の様な、まだ(いちいち傷付いている)
    人間の為、書いて下さっているんですね。
    素直にパクって、自分を成長させたいです。
    憧れも嫉妬に繋がるのでしょうか?

    1. いつもありがとうございます。

      憧れはポジティブなので嫉妬ではないと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です