日本経済楽観論、長期予想、お金の使い方


この記事は2分30秒で読めます

日本経済を、独自の楽観論に基づき、長期予想します。





そして、予想に基づき、将来に向けたお金の使い方を論じます。






2015~2020年 

アベノミクスのパーフェクトな成功、

円安効果や度重なるスーパー金融緩和で景気がぐんぐん拡大、

日本国史上最大最高のバブル経済が常態化。






2021~2025年 


人口減少と技術進歩により、

1人あたりのGDPがどんどん上昇。

 TVは完全に老人用メディアに成り下がり、

ネガティブ思考洗脳が徐々にばれてきて、

国民の多くが、豊かで幸せな暮らしを実感出来るようになる。






2025~2030年 

人手不足の深刻化に悩まされ続けてきた日本は、

飛躍的なロボット開発革命を成功させ、

人間からロボットへの労務切り替えを加速させる。

多くの企業や店舗でアンドロイドが活躍し、

人件費の大幅削減に成功。 

日経平均は夢の5万円超え。





2031~2035年 

医学やバイオ技術が極端に進歩し、

100歳でも元気に働けたり、

完全の無から食料を生産できたりして、

ほとんどの人が、現在では考えられないレベルの願望を実現できる時代になる。

※ちなみに2034年、喫煙は違法化される

日経平均が6万円台でも不況と言われるぐらい、

今と比較すると超絶好景気が当たり前となっている。

消費税20%ぐらいはみんな余裕で、

人口減少で懸念された社会の弊害は、全てロボットが解決済み。






どうだろうか?



多くの人や、根本的に悲観的な経済評論家さんには、

ひどく笑われるような予想だろう。



それにしても、

一応は年収1000万ぐらいあるにも関わらず、

将来を心配してケチケチライフを送っている人は、

金余りを本気で心配し始めた方が良い。




じじいになってからは使いきれなくなって、後悔するはずだ。



年収1800万に達した人はもう、

スマホでマックのクーポン券をレジの前で探すのをやめた方が良い。




せこせこ節約して金余りになって年だけ食っても、大して楽しくないはずだ。



お金は目的じゃなく、道具なんだ。



お金は、あえて貯金や節約しなくても増えていくものだから、

※ただし、高級腕時計を衝動的に買わない、高級クラブで飲む習慣を持たない、などの条件有り

今のうちに、いろんな楽しい経験にお金を使うことを、リアルにお勧めする。

ランキングサイトで、いろんな方の不動産投資を学べます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です