廃墟不動産投資α(アルファ)



↑ 面白い記事がたくさんあります


 

ときどき、相談を受けます。

 

 

「サラリーマンを辞めるために不動産投資を始めたいのですが、うまくいくでしょうか?」

 

 

本質を突き刺す、結論を述べます。

 

 

先に会社を辞めてしまえば、不動産投資に注力できるので、うまくいきます。

 

 

というより、うまくいかざるを得ない状況となります。

 

 

このような私のアドバイスは、暴論と言われます。

 

 

しかし、不動産投資では借金する人が多いので(多いというか、ほとんど全員?)、

 

生活費を1年ぐらい借りておけば生活に支障は出ないのではないか?と思います。

 
今日は廃墟不動産投資α(Alpha)(アルファ)について講義します。

 

廃墟不動産投資αは、まず、「貸家として貸そうとしているがなかなか借り手の付かない」オーナーの空き家(マンションやアパートでももちろんOK)を預かります。

 

 

おしゃれであったり実用的であったりする家具を無料で仕入れ、セッティングします。

 

 

入居者を確保したら、6万の家賃を得て、

 

オーナーに4万(オーナーが元々設定していた家賃)払う、というのが典型例です。

 

 

入居者が決まらない場合、オーナーに家賃を支払う必要はなく、完全ノーリスクです。

best-furniture-wood-design-hMP8H
 

 

 

廃墟不動産投資αが扱う空き家は、もうリフォームする必要のない、きれいな物件です。

 

 

そして、オーナーは元から貸家として貸そうとしているので、貸出について交渉する手間が不要です。

 

 

オーナーには確実なメリットがあります。

 

 

オーナーからすると、

 

不動産屋に頼むと手数料がかかるところ、廃墟不動産投資αのplayerは手数料を取らないので、喜ばれます。

 

 

また、オーナーからすると入居者がなかなか決まらなかったので、

 

「他の物件もお願いしたい」とオーナーの方から頼んでこられます。

 

 

廃墟不動産投資αの一番のポイントは、家具を無料で仕入れることです。

 

 

これは、特に首都圏で最も適した投資法です。

 

 

首都圏では、

 

・土地や部屋が狭い(使わない家具を置いておけない)

 

・ケチな人が非常に少ない

 

・環境保護やリサイクル意識が強い

 

という人々の特徴があり、おしゃれな家具であっても、各種不要品交換サイトで無償でGETできます。

 

 

これらを適切に物件に配置し、付加価値をUPさせます。

 

 

DSC_0038
そうして、4万で決まらなかった物件が、6万で楽々決まるようになります。

 

 

投資資金は完全ゼロ円で、毎月2万ほどの家賃差額が手に入ります。

 

 

オーナーとの交渉も楽なので、交渉が苦手な人に向いています(廃墟不動産投資NEOと逆)。

 

 

ただし、デメリットとしては、

 

・家具無料GETは労力と手間がかかる

 

・家具の配置やセレクトに一定のセンスが必要である

 

ことが挙げられます。
5000円ぐらいまでの家具を簡単に無料GETする方法は存在します。

 

 

有料コンサル情報とさせていただきます。

 

 

次回の記事では、廃墟不動産投資β(ベータ)をご紹介します。

 

 

廃墟不動産投資β(ベータ)も、リスクが完全にゼロです。

 

 

もしも東京都内・京都市内・大阪市内・名古屋市内でAirbnbを真剣にやっているにも関わらず、

 

そんなに稼げていない人がおられるなら(そんな人は存在しない??)、

 

Airbnbコンサルをお勧めします。

 

↑ 面白い記事がたくさんあります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です