通常なら事業が破綻する被災状況での、起死回生の一策とは?


 

今回の台風では、不動産投資家の間でくっきりと明暗が分かれました。

 



99%以上の投資家はしっかり保険をかけているので、

 

特に家が壊れやすいボロ屋投資家は、保険金により大儲けできていることと思います。

 

 

台風でボロ屋の屋根が全て吹き飛んだとしても、

 

保険金で新品の屋根を作ることができ、

 

物件価値が大幅にアップします。

 

 

雨漏りによって被害を受けた天井も床も全て改装できるので、

 

新築のように生まれ変わります。

 

保険金でしっかり直して、買値の3倍程度で売却できます。

 

 

台風により収入を倍増させた方もおられるかもしれません。

 

 

保険をかけた補修前の空き家が被災した場合、

 

保険金でリフォームできるので、

 

リフォーム代が0になります。

 

 

私の場合、最強の投資技術であった、そもそも物件を所有していないことが災いし、

 

ほとんど保険に入っていなかったので、被害からの復旧は全て自己負担です。

 

 

私のように保険に入っていない不動産投資家は1%未満だと思われますが、

 

そのような投資家が災害に遭うと、よほどの強者でない限りは、かなりの確率で事業が破綻します。

 

 

私は物件を所有せず、空き家のオーナーから借りて貸しているのですが、

 

入っているのは入居者の火災保険のみです。

 

 

最安値のものばかりで、補償されるのは本当に火災のみです。

 

 

物件のオーナーも一切保険に入っていないため、

 

私の事業は壊滅的打撃を受けて、、

 

しまっていたはずでした。

 

 

結論を言うと、何とほぼ無傷で乗り切れる公算が大です。

 

 

無傷とは、事業の継続に何ら影響はなく、しかも経済的な損失もほぼゼロとなるという意味です。

 

 

いろんな方からのお助けにより、ようやく応急手当のめどはつきましたが、


雨漏りを通り越して、室内が「台所池」「廊下川」「床の間三角州」のようになっている物件もまだまだ残っています。

 

 

被害後の今から保険に入れません。

 

 

本来であれば、私の事業は、土俵際すれすれ、首の皮一枚でつながる崖っぷちといった状態と言えます。

 

 

しかしながら、ボロ屋にも関わらず保険を全くかけていなかった極めて不用意な私が、

 

実はとっておきの飛び道具を秘かに用意していたことに、今回気付きました。

 

 

まさしく起死回生の一策です。

 

 

それは、ほぼ間違いなく、読者さん、特に不動産投資家さん達の想定の外にあります。

 

 

次回に続く(written by 廃墟不動産投資家

 

廃墟不動産投資チャンネル

 

Facebook 友達の募集を開始します

 

廃墟不動産投資がなかなかうまくいかない。。

 

 

ちゃんとしている卒業生さんのコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

廃墟不動産投資に融資を組み合わせ、豊富な経験と知識、そしてオリジナルの私を遥かに凌駕する膨大な資料を用いながら超丁寧な指導

一般の不動産投資も教えられます

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

コンサルの詳細

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・43人中30人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人


「通常なら事業が破綻する被災状況での、起死回生の一策とは?」への2件のフィードバック

  1. 秋澤賢治でございます。
    覚えておられますか。

    現在、自家水道ビジネスをしております。新ビジネスです。月次の水道料金が50万円以上の施設がターゲットです。アクアテクノシステム(株)の顧問です。地下水を加工して上水として販売します。設備費用やメンテナンス費用は弊社が負担します。金融機関とコラボしています。上水道よりも10~30%安価です。自然災害時に上水ライフラインが破壊された際は威力を発揮します。災害地域からの相談が増加しています。貴社と相乗効果できればありがたいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です