LINE友達追加で「買わない」不動産投資術の入門書プレゼント

空き家を活用し、リスクなしで不動産投資を始める方法が学べる

田舎でこそシェアハウス 前編

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

不動産投資において、史上初でかなり斬新なようで、実は単に合理的な考え方をご紹介します。

 

 

田舎の戸建ては少なくとも部屋が5つ以上で、中には10K・12DK・15LDKなど、


都会では考えられないような間取りも多いです。

 

 

そして、どんなに成功している不動産投資家であっても、

 

田舎のそのような物件はシェアではなくそのまま一棟貸しするのが常識であり、一択のようです。

 

 

仮にシェアハウスとして運営するとすれば、

 

ただでさえ田舎は空き家だらけで賃貸の需要が少ないのだから、


満室に持っていくのはほぼ不可能です。

 

 

なので、通常は田舎でのシェアハウスは論外とされています。

 

 

しかし、固定資産税などは考慮せず、もし田舎のボロ戸建てが「1軒無料」か「10軒無料」だとどちらが得でしょうか?

 

 

または、田舎のボロ戸建てが「1軒100万」か「10軒100万」だとどちらが得でしょうか?

 

 

「1軒100万」か「1軒100万と9軒無料」だとどちらが得でしょうか?

 

 

また、入居者がどういう人であるか想像することも非常に大切です。

 

 

子だくさんのファミリー

 

・ペットをたくさん飼っている人

 

・広い部屋で趣味を楽しみたい人

 

も想定されますが、たとえ田舎であっても、やはり、現代では1人暮らしが主流です。

 

 

1人暮らしでなくても、たいていは老夫婦や親子などの2人暮らしです。

 

 

つまり、10Kや15LDKだと部屋が多過ぎます。

 

 

入居者がサザエさんのような、夫婦と高齢の両親と子供2人と弟の7人家族など、

 

残念ながら現代ではほぼあり得ません。

 

 

また、1人暮らしの入居者に10Kや15LDKという無駄に広過ぎる空間を与えてしまうと、ゴミ屋敷化を誘発してしまいます。

 

 

実際、1Rよりも2Kとか2DKのほうがゴミだらけになりやすいです。

 

 

なぜなら、不要物を置いておける空間が存在するからです。

 

 

そして、ほとんどの人が、生活しているのは常に一定の空間です。

 

 

例えば7部屋の日本屋敷に住む一人暮らしのお婆さんは、


玄関を入ってすぐの部屋でずっとテレビを見て過ごしています。

 

 

1Rに住む若いサラリーマンも、ベッドの上で寝るかスマホをいじっています。

 

 

2DKのきれいなマンションに住む経営者の女性も、



生活しているのは1つの部屋で、

 

ベッドに寝そべるか、デスクトップパソコンの前でメールチェックするか、ソファーで猫を可愛がるかのどれかであり、

 

メインの居住空間としては3畳ほどで足りています。

 

 

使っていない部屋は大量の服やバッグや、開封していない健康器具などで埋め尽くされることになります。

 

 

どんな豪邸に住む人であっても、月曜日はこの部屋、火曜日はこの部屋、

 

などと多くの部屋をまんべんなく使用していることはほぼ皆無であり、

 

お気に入りの1つの部屋でいつも生活することとなります。

 

 

1人暮らしの人に2つも3つも部屋は不要なのです。(written by 廃墟不動産投資家後編へ続く

 

 

 

1000万円のリフォーム代を100万円にする男 ↓↓
この記事を書いている人 - WRITER -
物件をマイナス円ゲットする達人 ↓ ↓
銀行融資を受けなくても「家賃」をゲット ↓↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 空き家ビジネス・廃墟不動産投資家 , 2021 All Rights Reserved.