大家・不動産投資家の心得


今日はクリイブですね。最高気温が4度で、寒い日になりそうです。朝から外に出るのが楽しみです!



2階建て2LDKの一軒家(ボロ屋敷)をリフォームするとします。



浴室とトイレを新設し、家じゅうの雨漏りを直し、壁・床・天井全てリフォームする。。。


これを工務店やリフォーム屋に見積もりを取らせるとどうなるでしょうか?


普通は500万、高いところだと1000万以上、劇的ビフォーアフターのように建築家がからむと3000万ぐらいになります。




私は、50万でできる方法を考えます。





理由は単純。利回り。


安いボロ屋敷(数百万)を購入しても、リフォームに500万や1000万もかけてしまうと(家ではなく)利回りがボロボロになります。

5%とか、一桁の数字になってしまいます。




1000万かかる工事を50万でやってのけると、利回りはすぐに20%を超えます。




「そんなの無理」と考える人は、頭が固いと思います。



お金をかけない工事は私の最大の得意技なので、またご紹介していきます。



つまり、大家・不動産投資家の心得とは、

いかに安く買うかに加え、いかに安くリフォームするか

なのです。





当たり前の情報で申し訳ありません。



今後、少しずつ文章を上手にしていきます。






先週、総選挙の翌朝、「どこまで知らずに過ごせるか」を試しましたが、中央市場の食堂のTVでずっとニュースが流れていたので、完全に知ってしまいました!食堂のおばあちゃんが「読みよしや」と私に届きたての新聞を手渡してくれたので、全てを詳細に知ることになりました。









「大家・不動産投資家の心得」への1件のフィードバック

  1. 廃墟不動産投資、素晴らしい。私は東京・名古屋・岐阜と数棟所有しての大家です。
    不動産投資は、金融機関から金を借りて物件を取得して
    賃貸をしてのインカムゲインを得るビジネスです。賃貸戸数を多くすること;多く借金をすることが、キャシュフローを多く得ること、しかもリスクを減らし、安定的に得る方策ですが———–
    前からこの不動産投資方法よりもっと良い方法があるのではないか、所有せず、固定資産税も払わず、転貸させて頂く方が、投資額が少なく、収益もほどほどあるのではないか!と思っていました。
    今後、私も、廃墟不動産投資を始めたいとおもいます。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です