がんばらない人がうまくいくと思う ~後編~


前編 からの続き~




ある社長から聞いた話。




その社長は、新規の商品を販売する営業マンを3人雇った。




こう君 勉強熱心で真面目
おつ君 社交的でおしゃべりさん
へい君 勉強熱心でもなく社交的でもない




誰が売上1位になったか?




何と、へい君が断トツ1位。




こう君は、一生懸命商品の特徴や型番を覚え、大量の資料を作り込んでお客にしこたま説明する。




おつ君は商品知識は平均的なものの、持ち前の社交性でお客にマシンガントークを繰り広げる。




へい君は商品知識が全く無く、自分からどんどんしゃべるタイプでもないので、正直、どう営業すればいいかわからなかった。




そして、彼は「商品のこともわからない。トークも下手くそ。じゃあ、お客の話をじっくり聞くしかない!」と思い、ひたすらお客の話を聞き続けた。




「この商品はどうなってるの?」と聞かれても、「どう思います~?」と聞き返し、お客にしゃべらせた。




お客の話は基本的に、お客自身の話だ。




へい君は自分がしゃべれないので、お客がしゃべり終っても、「え、それでその後、どうなったんですか~?」とお客にしゃべらせる。




へい君が、本当に断トツの営業成績らしい。




いまだに、へい君は商品について勉強していない。



誰も手を付けられない廃墟物件を再生し続ける、廃墟不動産投資家のブログ『無借金で9億円への道』


これって、社会の縮図だと思う。




努力を否定したいわけではない。




努力自体はきれいなものだと思っている。




ただ、努力と成果は全く比例しないので、私は努力する気が起きないし、人にオススメするものではないと考えている。



人気ブログランキングへ  見つけてみよう





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です