工務店の経営者と職人 ~前編~


私の身の回りで起きた出来事や私自身の経験を、織り交ぜてフィクションにして話したい。



ある街に、職人を喜ばせる鬼経営者と、職人を泣かせるぬるま湯経営者がいた。



鬼経営者は、工事を職人に依頼するとき、請負金額と納期に厳しい。



特に、請負金額については元々厳しい金額であるうえに、何があっても全く譲らず、職人にとっては経済的に過酷な現場となる。



職人が「畳をめくったら想定外の腐食が見つかった」と請負金額の追加を申し出ても、

鬼経営者は「畳をめくったら想定外にきれいだったこともあるだろ」と言って取り合わない。



一方、ぬるま湯経営者は、職人の言うことに何でも従う。



請負金額はあって無いようなもの。



職人は「工期が延びたから日当の追加をお願いします」「お客さんから新たな指示を出された」などと言って(それらは本当の事なのだが)、

どんどんぬるま湯経営者に請求を出す。



工期も延ばせば延ばすほど追加の日当がもらえるので、

職人たちはどうしてもゆっくり工事してしまう。



職人を喜ばせているのはぬるま湯経営者で、職人を泣かせているのは鬼経営者ではないか?と思われるかもしれない。



後編に続く






人気ブログランキングへ









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です