2030年代の不動産投資 ~医・食・住~




あなたが貸しているマンションの家賃が6万、

入居者の可処分所得が20万だとする。



簡単な計算をしてほしい。



20-6=14万、取りこぼしている。



私も、家賃以外は全て、取りこぼしている。



いや、取りこぼしているどころか、そもそも家賃以外、全く何も取れていない。




2030年代の賃貸経営に思いをはせる。



入居者の「医 食(職?) 住」をいかに囲いこんでいくか。



住居を貸し、食事を提供し、介護や医療のサービスを引き受ける。



入居者の財産を全て預かる感じの不動産投資家が、2030年代のメインプレーヤーなのかもしれない。




「2010年代の不動産投資家って、入居者から家賃しか取ってなかったんだって。」


「え~、昔の人はやっぱ古風だなぁ。何てもったいないんだ。

どうしてわざわざ、住居と介護を分離してたんだろね~。

マンションの周囲の飲食店やスーパーに売上持ってかれちゃって、バカバカしくなかったのかなぁ。」


「昔は、家賃だけでも結構ボロ儲けできてたから、入居者の医療・介護や食生活管理まで頭が回んなかったんだろね。

仕方ないよ、今のじじぃたちは原始人みたいなもんだからさぁ。」



我々2010年代の不動産投資家は、

こんな風に、今の小学生たちに話題にされるのかもしれない。


人気ブログランキングへ ←参加しました




「2030年代の不動産投資 ~医・食・住~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です