不動産と、それ以外のビジネスで、うまくいく秘訣


 

 

 

1冊目の拙著

 

常識破りの「空き家不動産」投資術

 

1214不動産と、それ以外のビジネスで、うまくいく秘訣 関西ではほとんど店頭から消えてしまいましたが、

 

首都圏ではまだまだ平積みしていただいているようです!
東京駅 丸の内北口 OAZOの丸善書店

 

 

仕入れが尋常じゃなく安ければ、あとは雑にやっていても知識が無くてもいい加減にやっていても、うまくいく。

 

 

こういうことを言うと、

 

「じゃあどうやって鬼のように安く仕入れるのだ?」

 

「そんなの無理に決まってる」

 

「誰でも簡単に、1日1クリックでうまくいく方法を示せ」

 

と突っ込みが入りそうだ。

 

 

実のところ、方法とか技術ではなく、精神的なものが必要だ。

 

 

そして、「普通に仕入れてしまった場合でもうまくいく方法」を模索しながら、

 

激安で仕入れることを考えるべきだ。

 

 

600万で売っている物件なら、

1214不動産と、それ以外のビジネスで、うまくいく秘訣 (2)
450万とか410万とか中途半端な指値ではなく、

 

100万とか80万ぐらいで買おうとするようなスピリッツを持っておきたい。

 

 

どう考えても1000万以上する1棟商業ビルを、わずか75万で入手した変態投資家も、

 

何とこの世に確かに存在する。

 

 

そのような金額で購入できれば、もう仕入れた時点で不動産投資は成功したと言える。

 

 

あと、不動産以外のビジネスにおいて、「業界の将来」を見極めることも重要だ。

 

 

例えば、育児分野や子どもの教育関係に新規参入した企業や個人は、

 

意外なことにぐんぐん成長、拡大している。

 

 

「少子化でピンチ」と世間が騒ぎ、ライバル業者が異常に減ったからだ。

1214不動産と、それ以外のビジネスで、うまくいく秘訣 (3)
 

「少子化なら逆に、1人あたりの教育費が増大する」と気付いた人が、新規開業して成功している。

 

 

世間の常識や、ネガティブな記事などに惑わされないクレバーさも、ぜひ持っておいた方が良い。


「不動産と、それ以外のビジネスで、うまくいく秘訣」への3件のフィードバック

  1. ありがとうございます❗

    毎回、忘れていたことが、
    思い出されるような
    メッセージです✴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です