高橋洋子さんの近著と、そもそもの不動産投資の考え方


 

ジャーナリストの高橋洋子さんが最近出された近著 100万円からの空き家投資術/WAVE出版 には、私の話( 物件無料GETについて )も掲載していただいています。

 

 

100万円で不動産投資をしっかり始められる時代となりました。

 

 

100万もかければ、家賃収入を毎月4万ぐらい得られると思います。

 

 

しかしながら、世間の一般的な方々は、

 

1円も生み出さない「住宅ローン」という損な金融商品を3480万とか3980万とか支払って、購入しています。

 

 

そもそも、もしも3480万も使うのなら、100万の不動産投資が35回できるので、

 

4万×35=毎月140万

 

毎月140万程度の不労所得が入ってくることとなります。

 

0226 高橋洋子さん 100万円からの空き家不動産投資術 
私とだいたい同じです。

 

 

「ついうっかり、住宅ローンを利用してしまった」

 

という単純な人生の選択により、

 

毎月100万以上の不労所得を得る機会を逃していると考えた場合、

 

それはとてももったいないことだと思います。

 

 

単に家に住むためだけであれば、毎月10万も出せば、賃貸でかなり良い家が見つかります。

 

 

「賃貸は自分の自由にできない」

 

とお考えであれば、

 

ボロ屋を80万で買って、スーパーフルリノベーションを520万で施しても、たった600万です。

 

 

賢く520万のスーパーフルリノベーションを実施すれば、

 

まず間違いなく3480万のクオリティーは超えます。

 

 

私の話の意味がよくわからない方は、

 

「なぜ中古住宅はCMが流れないのか?」

 

という疑問の答えを、じっくり考えてみることをお勧めします。

 

 

しかしながら、住宅ローンで3000万ほど経済的に損しながら生きていても、

 

日本は超豊かで平和で幸せに生きられる国なので、

 

特に悲観的にはならなくてよいと思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です