ちょい悪徳不動産屋を華麗に論破しました


 

ちょっと悪徳な不動産屋(管理会社)さんを論破したので、

 

概要を簡潔に記します。

 

 

る方からの相談で、「賃貸の更新時の諸費用が高過ぎる」と聞きました。

 

 

・更新料

・契約事務手数料

・保証料

・保証書作成費

・火災保険等

・消費税

・諸費用

 

合わせて300,000円近くになるとのことです。

 

 

この方の家賃は10万ほどで、極端なぼったくり金額ではないのですが、

 

やはりこうした請求は理不尽ですね。

 

 

そこで、その方を救済すべく、書面を見せてもらいました。

 

 

その不動産屋はなかなかずる賢く、

 

その方の賃貸借契約書には、特約事項にわざと小さい字で、

 

「更新時には事務手数料を付随した更新料、保証料(書面作成費などを含む)、火災保険等を支払わなければならない なお、消費税や諸費用は別とする

 

と書かれており、不動産屋の請求の書面に全く落ち度がないことが判明しました。

 

 

しかし、「ほんの少しでも何とかなりませんか?」との要望を受け、

 

何とかしてみることにしました。

 

 

不可能を不可能のままにするのは仕事ではありません。

 

 

可能なことを可能にするのは単なる作業です。

 

 

不可能なことを可能にすることこそ仕事と呼べるので、

 

「よっしゃ、仕事すっか!!」

 

と決め、交渉を代理することにしました。

 

 

私が攻められる可能性ありだと思ったのは、火災保険です。

 

 

2年で60,000円となっていて、相場を無視した異常値だと感じたからです。

 

 

そこで、契約書を見てみると、火災保険の加入は強制であるものの、

 

どの火災保険にするかは任意のようなので、

 

2年で1.5万の安い火災保険に入り、

 

その証書を提示することにより、この60,000円を省略しようと試みました。

 

 

不動産屋の担当者は、「普通、火災保険は絶対条件なんですよ~」と言ってきましたが、

 

「どの火災保険にするかの規定はありますか?」

 

「契約書に、他の火災保険を排除する条項はありますか?」

 

と確認すると、新入社員のような雰囲気のその担当者はすぐに答えに窮し、

 

後日の返答となりました。

 

 

そして後日、勤続10年ぐらいっぽい上役の担当者が登場し、


「火災保険は証書のコピーがあれば、他社でも結構です。」

 

という回答を得たのですが、

 

驚くべき内容を述べてきました。

 

 

「火災保険等の項目は60,000円ですが、

 

詳しく述べさせていただくと、『火災保険』の部分が20,000円で、

 

『**管理クラブ会費』が40,000円となっており、

 

火災保険分の20,000円分だけ差し引きします」

 

 

不動産屋の理屈によると、

 

「火災保険等 = 火災保険 + **管理クラブ会費」であり、

 

「等」の部分に「**管理クラブ会費」という謎の費用を含ませていたのです。

 

 

かなりの狡猾な表現です。

 

 

ここで私は、

 

「そもそも、その**管理クラブ会費にこちらが加入している書面はありますか?」

 

「**管理クラブ会費の記述は契約書のどこかにありますか?」

 

と確認すると、

 

「ご入居後に**管理クラブ会費のしおりや会報を送らせてもらっております」

 

と言います。

 

 

「しおりや会報を送り付けただけで会費が発生するなら、

 

世界中の全ての人に**管理クラブ会費を請求できることになるので、

 

それはおかしくないですか?」

 

と私は突っ込みました。

 

 

担当者は答えに窮し、後日の返答となりました。

 

 

そして後日、さらに上役の中年らしき担当者が登場し、

 

「**管理クラブ会には、ご契約時に加入していただいており、そのサインがこちらにあります」

 

という回答でした。

 

 

契約時の書面の中に簡単な一枚ものの**管理クラブ会加入申込書を紛れ込ませ、

 

そこへのサインをちゃっかり回収していたのです。

 

 

「確かに、**管理クラブ会に加入しているのはわかりましたが、

 

その会の会員でないと契約を更新できないという、

 

何らかの規定や条項はどこにありますか?

 

そこが明文化されていなければ、

 

『以前は2丁目将棋倶楽部に一旦入りましたが、もうやめました それと契約更新とは無関係です』

 

という話と全く同じとなります。

 

**管理クラブ会に加入し続けることと、

 

今回の契約更新との間の明確なつながりをお示しいただけますか?」

 

と諦めずに私は指摘しました。

 

 

担当者は答えに窮し、後日の返答となりました。

 

 

そして後日、もっと上役の初老っぽい声の担当者が登場し、

 

「すみません。。おっしゃる通り、こちらの書面に不備があったことは認めます。。

 

ただ、社内の規定で、どうしても**管理クラブ会の会費を集めないといけないのです。。

 

申し訳ありませんが、何とかご了承いただけますか、、?」


と、正当な論戦から単なる「お願い」に変化したので、

 

「ご事情は理解しました。

 

それでは、**管理クラブ会の会費の40,000円はお支払いして、

 

『特別値引き40,000円』みたいな項目を入れていただければ納得します。」

 

と提案したところ、

 

「はい、それならうちにとっても助かります!」

 

と、この話し合いがようやく妥結することとなりました。

 

 

歴史に思いを馳せてみると、

 

数百年昔であれば、意見が対立すれば斬り合いになって命がかかってしまっていました。

 

 

数十年昔であっても、意見が対立すれば殴り合いになって怪我してしまっていました。

 

 

しかし、今の日本はほぼ完璧に人権や安全が尊重される時代であり、

 

世の中から暴力や暴言などの加害行為はほとんど一掃されました。

 

 

つまり、意見が対立した場合は、刀での斬り合いとか腕力による殴り合いではなく、

 

いかに筋道立てて相手の間違いを正していくかを論述する能力が必要とされます。

 

 

もちろん、こちらが間違っているときは相手に従うべきです。

 

 

ただ、相手が間違っているときは、

 

相手の論理のおかしなところをあぶり出して修正してもらうことが重要です。

 

 

ちなみに、私は宅建すら持っていませんし、

 

司法書士でも弁護士でもありません。

 

 

ただ、普段からあれこれよく考えているド素人だからこそ、

 

一応、プロでもなかなか気付かないようなことを瞬時に察知することができるというわけです。(written by 廃墟不動産投資家

 

 

廃墟不動産投資チャンネル

廃墟不動産投資がなかなかうまくいかない。。

 

 

フツーサラリーマン(だった)コンサル

コンサル代は365日でわずか6.4万

普通のサラリーマンでもできました

本業が忙しいのに1年弱で毎月35万突破 平凡な方が副業でちょっとした副収入を得るに生々し過ぎる指導

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

コンサルの詳細

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・始まったばかりながら、最初の1軒目の成果報告が相次いでいます! ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 

 

ちゃんとしている卒業生さんのコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

廃墟不動産投資に融資を組み合わせ、豊富な経験と知識、そしてオリジナルの私を遥かに凌駕する膨大な資料を用いながら超丁寧な指導

一般の不動産投資も教えられます

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

コンサルの詳細

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・43人中30人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 

 

物件を無料ゲットするコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

誰もが驚く常識外れの価値観とぶっ飛んだ行動力で、300万の家を5万で買ったり、タダで家を借りたりできる!

人生を露骨に変えてみたい人にお勧め

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

コンサルの詳細

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・36人中15人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 

 

首都圏で1日限定 空き家開発・訪問営業・リフォームと入居者募集の現場見学付きの、マンツーマンのコンサル

首都圏の方に朗報!!

コンサル代は2.9万のみ

 

担当は、廃墟不動産投資家のコンサルを卒業し、当初は「全然イケなかっ人」だったのが、

 

今は順調に取り扱い件数を増やし、ほぼ投資せずに月収600,000円超えを達成した、

 

全然イケなかっコンサルタント」です。

 

廃墟不動産投資家のプロフィール

 


「ちょい悪徳不動産屋を華麗に論破しました」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です