LINE友達追加で「買わない」不動産投資術の入門書プレゼント

空き家を活用し、リスクなしで不動産投資を始める方法が学べる

初期の頃に一緒に仕事していた社員、職人、仲間、スタッフ、取引先は、もう誰もいない。。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

私が廃墟不動産投資を始めた頃、

多くの職人さんや取引先、

仲間に囲まれていた。

 

そして、私は次第に、

 

 

  • 異常なコスト削減
  • 業務の効率化
  • 驚異的に斬新な顧客対応
 

 

などを、自分を含め全ての関係者に

求めるようになっていった。

 

 

初期の頃に一緒に仕事していた人は、もう誰もいない。

次から次へと、いろんな人と出会った。

 

 



 

 

ここ7年でもう200年分くらい、生きてきた感がある。

 

 

今、一緒にいるのは、

私の猟奇的な要求を

全て乗り越えてきた

ごく一部の精鋭の方々。

 

 

私は仕事に関しては、

甘えを許さない。

 

最小の時間と労力で

最大の効果を出す。

 

 

そのためには、

どんなに酒を飲み交わして

親交を深めた同志であっても、

一瞬で別れを告げる。

 

 

ときには無慈悲に、

残酷な最後通告を突き付ける。

 

 

幾度と無く

「あいつには人としての

基礎的な感情がないのか!!」

と悪口大会を開かれたこともある。

 

 

私にも「一緒に仕事したいよ。

仲良くしたいよ。」という

気持ちがある。

 

 

しかし、そのために、

最小の時間と労力で

 

最大の効果を出すことを

投げ出したくない。

 

 



 

 

だから、

無感情に別の道を

行くのだ。

 

 

同じ仲間と同僚に囲まれ、

楽しいが成功しないで

パッとしない人生

 

仲間や同僚と

度重なる別れを経験し、

一時的には寂しいが

パッとする人生

 

があるなら、

後者を選んでいる。

 

たまにはちょっと寂しいが、

そんなことは関係ない。

 

 

かっこ良く言うと、

 

群れる多くの羊たちの中の

one of themではなく、

 

荒野を独り進む狼たる

私の宿命だと思っている。

廃墟不動産投資家 村上祐章と言う男↓↓

 

 

通常の人なら説教されている最中で脳死するレベル。説教後、クチャクチャの10万円を差し出され、私がとった行動は、、、

安いものは値段など気にせず高い方を買い、上質で快適な経験を得る。そして、高いものは自分を神と崇めさせるぐらい心理学を、、

世に蔓延している節約法の多くは、自分自身が我慢するものばかり。私は頻繁にネットカフェに行きますが、、、その行動が異常!?

「賃貸の更新時の諸費用が高過ぎる」という相談を受け、ちょい悪徳不動産屋との交渉を代理することになりました、、、交渉方法がヤバイ!
この記事を書いている人 - WRITER -
物件をマイナス円ゲットする達人 ↓ ↓
銀行融資を受けなくても「家賃」をゲット ↓↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 廃墟不動産投資家 , 2014 All Rights Reserved.