なぜ、不動産の業界には悪徳業者が非常に多いのか?




不動産業界では、

 

シェアハウスのサブリースで投資家をだましたかぼちゃの馬車の事件をはじめ、

 

田舎の田んぼだらけの真ん中に新築アパートを大量に建てさせる大手企業、

 

海外の不動産を買えば儲かると言って資金を預かって消えてしまう業者、

 

高額のコンサル代を受け取って全然儲からない物件を売り付ける不動産屋、

 

架空物件を売り付けて消え失せる営業マンなど、

 

悪い業者、会社、投資家、営業マン、コンサルタントがたくさん潜んでいます。

 

 

上場企業や銀行から中小企業や個人まで、

 

なぜ、不動産の業界には悪徳業者や詐欺師がたくさん存在するのでしょうか?

 

 

答えは明確です。

 

 

不動産はまともにやっているとすぐさまには儲けにくく、

 

嘘ついたり騙したりすると凄まじく儲かるからです。

 

 

これがサービス業だとそうはいきません。

 

 

例えば、美容室が、「うちは清潔感あふれるイケメンぞろいのサロンです」と宣伝して、

 

美容師が全員一人残らず汗臭くてハゲたおじさんだらけだったら、

 

女性のお客は初回だけですべからく皆去ってしまい、すぐ閉店に追い込まれます。

 

 

飲食店が、「美味しくて安い!ランチコース800円!」と嘘の看板を出して、

 

まずいランチを1500円で提供すると客はもう来なくなります。

 

 

しかし、不動産はそうではありません。

 

 

儲けるのは可能なのですが、実際にはあれこれ研究が必要で、

 

最初のうちはしばらく苦労することが求められます。 

 

 

このように、本当のことを告げると客は逃げ、

 

「この書類にサインするだけで不労所得と老後の安心が手に入ります」

 

と嘘をつけば儲かるからです。

 

 

そして、その嘘が発覚するのはかなり時間がかかるため、

 

その間に会社名を変えたり、

 

会社を解散してどこかに散り散りになることにより、

 

追及の手から逃れてしまいます。

 

 

また、どうでもいいことを延々と説明し、

 

ちゃんと説明しているイメージを植え付けてから、

 

契約書の本当に大切な部分をめちゃくちゃ小さくし、

 

直筆にてサインしてもらえば、

 

それは法的な責任から逃れることができるので、

 

悪い業者はそのようにして合法的にお客をだましています。

 

 

また、だまされる人も、元から地主だったり医者だったりして比較的裕福なので、

 

50,000,000円とか80,000,000円を損しても、

 

グッとこらえて我慢してしまうことが多いのです。

 

 

海外でこのようなことがあれば、

 

だまされた側の人達は暴徒化し、

 

だました会社や経営者たちに殴る&蹴るの暴行を加えたり、

 

時には惨殺することもあります。

 

 

日本では、例え100,000,000円をだまされたとしても、

 

詐欺後の説明会で少しだけ怒号が飛ぶ程度で、殴りかかるような人は皆無です。

 

 

そのため、だます側は、合法であり処罰される心配はおろか、

 

殴られたり命を奪われる可能性も皆無であるため、

 

安心して次々にだます方策を練り、

 

大儲けし続けることとなります。

 

 

「人をだましたら自分の身はどうなるか分からない」

 

という恐怖を抱く必要が無いのです。

 

 

そもそも、だまされた人達の中には、営業レディが可愛かったので、

 

クレームを言うこと自体を遠慮してしまう人もいそうです。

 

 

営業レディとの円満な関係と80,000,000円を天秤にかけて前者を選択するなど、

 

Facebook 友達の募集を開始します

 

経済観念的に著しく常軌を逸しています。

 

 

本来は営業レディとの円満な関係なんて無料で築けるものです。

 

 

不動産に関わる業者や個人は、残念ながら4割ぐらいが悪人か詐欺師だと思っておいたほうが無難です。

 

 

そして、悪徳な業者や詐欺師かどうかを選別するには、


しっかりといろんなことを学ぶことが必要です。

 

 

不動産自体よりも、ビジネスやマネー全般の知識や、

 

廃墟不動産投資がなかなかうまくいかない。。

 

経済心理学や行動経済学などが役立ちます。

 

 

「不動産で儲けたい」と思って不動産だけをしっかり勉強するような単純な思考回路では、

 

詐欺師の思うツボにすっぽりはまってしまいます。

 

 

手前味噌ながら、私の考案した廃墟不動産投資物件無料ゲットは、

 

そもそも全くお金が動かない世界なので、

 

悪徳業者が介在する余地がありません。

 

 

ボロ屋を10万で直して2万で借りて4万で貸すという、

 

不動産業者からすれば天文学的な小さい数字しか存在しない世界です。

 

 

100万ぐらいのボロ屋を0円でゲットして、

 

30万で直して3万で貸すのも同じことです。

 

 

悪徳業者に数千万もだまされてしまうぐらいであれば、

 

最初から、豪遊などで無駄使いしているほうが決定的にましですね。

 

 

年間で5万ぐらいの利益にしかならない100,000,000円の不動産を買わされてしまうぐらいなら、

 

私に数百万の価値しかないボロボロ全空アパートをプレゼントし(つまり物件無料ゲット)、

 

その再生の過程を細かく私に報告することを義務付けたり、

 

どうやって運用するのかを間近でリアルに見ているほうが、

 

確実に生々しい学びになり、

 

悪徳業者に全くだまされることがなくなるのだと、

 

割と本気で思っています。(written by 廃墟不動産投資家

 

廃墟不動産投資チャンネル

 

ちゃんとしている卒業生さんのコンサル

コンサル代は365日でわずか12万

廃墟不動産投資に融資を組み合わせ、豊富な経験と知識、そしてオリジナルの私を遥かに凌駕する膨大な資料を用いながら超丁寧な指導

一般の不動産投資も教えられます

コンサルは、廃墟不動産投資家がバックアップしています

コンサルの詳細

☆実績(毎月2万以上の副収入を獲得した人の割合)・・・43人中30人 ※廃墟不動産投資家コンサル(DVD購入者限定)は38人中23人

 


「なぜ、不動産の業界には悪徳業者が非常に多いのか?」への2件のフィードバック

  1. 悪徳に騙された者です。
    実際、お金を持ち逃げされ、追求してもお金がないとなると回収は難しいです。まあ自分の目を養っていくしかないとは思います。

    1. ぜひ、追いかけましょう!

      私は4年前や5年前の詐欺師をまだ追いかけています。

      追いかけるほうが時間や経費で損しますが、

      追いかけ続けるという習慣を保つようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です