不動産サイトだけに頼らないほうがいい




私が廃墟不動産投資を手がけている、大阪郊外の街のアパートがある。



駅から徒歩10分。



空室に悩むオーナーさんからその空室を借りて、少し直して、入居者に貸している。
※オーナーに家賃を払うのは、入居者が決まってから



その物件に行くまでには、シャッター商店街や空き家通りが存在している。



商店街は、平日なのに10軒中1軒程度しか開いていない。




ちなみに、全く過疎地ではなく、人口密度ランキングの上位に出てくるような市だ。



大阪の繁華街・京橋にすぐ行ける街だ。



駅は乗降客も多く、それなりに活気がある。



しかし、少し歩くだけで空き店舗・空き家だらけなのだ。



物件が欲しい人は、こういうところを営業すれば良いと思う。



物件は欲しくないけど、家賃だけGETしたい人は廃墟不動産投資だ。



ちなみに、その街の駅前には賃貸不動産屋さんが何軒かあって、

周辺家賃相場は別に悪くない。



駅から徒歩10分・ワンルーム・38,000円

駅から徒歩5分・2DK・49,000円

みたいな感じだ。



シャッター商店街や空き家通りのうちの一軒を、

もし100万ぐらいで購入し、軽く清掃だけして、うまく入居者を見つけ、

家賃が4万なら、利回り50%近くの投資となる。




不動産サイトだけ見ていると、そういうお得な投資はなかなか難しい。



不動産サイトだけをチェックするだけではなく、

ときには、足を使ってオーナーを探し、

「すみません。このお宅に興味があります。中を見せてください。」

と言って、交渉してみることをお勧めする。



不動産投資の実力者はそういうことを軽い気持ちでやっているので、

不動産投資の実力者でない方は、ぜひ、そういうことを軽い気持ちでやってみてはいかがだろうか?


人気ブログランキングへ ←参加しました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です