未来からやって来た人になろう(後編)


Amazon(電子書籍)月替わりセール
投資・金融・会社経営のジャンルで、拙著『不動産投資の常識を極度に打ち破る! 物件無料ゲット法』が3冊のうちに選ばれました。

ちなみに、紙の本はこちら→→オンデマンド(ペーパーバック)で購入する 

 

(前編からの続き)

 

・50年前はどんな時代だったか?

 

 

時代の流れは年々加速しています。

 

 

例えば、200年前から100年前と、100年前と現在の違いの差はかなり大きくなります。

 

 

今と25年後の違いは、50年前と今の違いぐらいと考えるのが妥当です。

 

 

50年前、1970年はどんな時代だったでしょうか?

 

 

さすがに生まれていないので実感できないものの、

 

映像や昔の人達の話によると、


多くの大人は至るところでタバコを吸うのが当たり前で、

 

自家用車の中はもちろん、

 

お金は不安な人から安心している人へ流れてしまう件

 

電車・学校・仕事中でもみんな堂々と喫煙していたようです。

 

 

セクハラという言葉すら存在しなかった時代は、上司がOLに「おい、お茶!」と命令するのは当たり前で、

 

毎日の日課のように、女子社員に今日の下着の色を尋ねる部長も珍しくなかったようです。

 

 

現在と比較すると、まるで石器時代のような隔世の感を持たれるはずです。

 

 

・25年後はどんな時代か?

 

 

50年前と現在との違いぐらいに、25年後は変わっています。

 

 

まず、このコロナ時代での人々の狂乱から明らかなように、

 

人の命の価値は暴騰を続けています。

 

 

株に例えれば、これからはストップ高が延々と続きます。

 

 

社員がもしパワハラ(※)で自殺なんてしまったら、

 

大企業でも一瞬で解体させられるような大ニュースとなります。

 

※25年後のパワハラとは、上司が部下に「ごめん、悪いけど~してくれる?」と丁寧に頼んでも悪質な命令だと認定されるレベルです

 

 

今で例えれば、もし誰かが満員電車の中でタバコなんて吸っていたら、

 

SNSで顔をさらされ、プライバシーが事細かに全て公開されて、とても国内には住めなくなってしまうようなものです。

 

 

今でも学校で体罰があるとそれなりに報道されますが、

 

25年後だと、先生が生徒たちに向かって「コラッ」と机を叩いただけで、

 

《警告》来るべき景気の大崩壊に備えよう

 

保護者たちから重度の虐待行為として訴えられ、

 

辞職後も延々とワイドショーから執拗なストーカー的な取材を受けそうです。

 

 

「そんなわけないだろ」と思われるかもしれませんが、

 

50年前の人が現在の状況を知ったら「そんなわけないだろ」と誰も信じないことと同じです。

 

 

前編で、漫才やコントでのツッコミの話を出しましたが、2045年だと、

 

「アホ!」「バカヤロ。」と頭を叩いているシーンは、

 

冗談では済まされない暴言と暴力行為として放送禁止になっていそうです。

 

 

・想定外の想定

 

 

今後は、コロナが心配過剰な慣習を作ってしまい、少しでも風邪が流行ったらすぐにスポーツが中止となったり、

 

ちょっとしたことでも人が集まるのは禁止されそうです。

 

 

各種パーティー、屋形船、ライブハウス、映画館などは「平成時代にそういうのたくさんあったよね」

 

と懐かしいモノ扱いされそうです。

 

 

多くの人が長年培ってきた文化よりも、

 

ごく少数の人の命が圧倒的に優先される時代が加速度を上げて進んでいきます。

 

 

コロナ事変は完全に想定外でしたが、

 

あれこれ想定してもまさかの出来事が起きることを前提に、

 

想定外の事変を予想してみます。

 

 

その重大事変を思考系とフィジカル系に分けます。

 

 

コロナは完全に思考系です。

 

 

主に、人の心が起こしている事態です。

 

 

命を大切にしない原始社会では、人は1~2割死ぬものの、

 

災害として認識されなかったはずです。

 

 

フィジカル系は、原始社会でも認識できる事態で、

 

戦争とか隕石など物理的に人がたくさん死ぬことです。

 

 

思考系では、あるときにネットが使えなくなる事態を予想しておきます。

 

 

リアルなウイルスではなく、

 

会社を辞めていきなり生活可能になる廃墟不動産投資

 

何か未知のプログラムが人間の智慧を遥かに超えた何かを目的としてネットを使えなくしてしまい、

 

全ての人間の個人情報が漏れて、世界でネット禁止令が発令され、通信手段が全て絶たれるという事変です。

 

 

今はどんどんオフラインがオンラインに変わっていっていますが、その真逆です。

 

 

フィジカル系は、気候の異常な大変動を予想しておきます。

 

 

春と秋は現在の真夏レベル、冬は普通の夏レベル、夏は毎日50度とか60度で、

 

コロナのような不安系ではなく、物理的に外に出られなくなる事変です。

 

 

または、新築でも数百万軒が宙に舞ってしまうほどの、

 

歴史上類例を見ないほどの超巨大台風が2日に1回ペースで数か月襲来し続けることも予想しておきます。

 

 

読者さんはあと40~60年は生きられると思うので、

 

その期間で上記に例示したようなありえない想定外レベルの事態が1~2回は起きると、

 

せっかくなのでここに記録しておきたいと思います。

 

 

結局それが何なのか言い当てることができませんが、

 

想定外のことはまた必ず起きるのだ、という予測をこのブログに残します。

 

 

・今日の名言

 

 

男性は善悪を判断できるが悪を犯してしまう

 

女性は悪を犯さないが善悪を判断できない

 

2020 05 11 廃墟不動産投資家(written by 廃墟不動産投資家

 

Amazon(電子書籍)月替わりセール
投資・金融・会社経営のジャンルで、拙著『不動産投資の常識を極度に打ち破る! 物件無料ゲット法』が3冊のうちに選ばれました。

ちなみに、紙の本はこちら→→オンデマンド(ペーパーバック)で購入する 

 

著者紹介 

 

 

廃墟不動産投資家のコンサル わずか14.8万 9時間DVD付き


「未来からやって来た人になろう(後編)」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます。勉強になります。
    とりあえずヒャッハーできるようにムキムキに体鍛えてトゲトゲの肩パッド買ってバイクの免許とるところから始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です