工事代を半分にするノウハウを、ご説明します。 前編


活動再開!今日は箱根に来ています。

工事代を半分にするノウハウを、ご説明します。



前編 基礎中の基礎「分離発注+材料支給」

後編 応用編「多能工、何でも屋、薄く広い人夫」

に分けてお話します。



まずは、基礎的な内容ですが、「分離発注+材料支給」です。



At first, やりたい工事の内容をまとめて、一般の工務店に見積もりを依頼します。



結果が「80万」だったとしましょう。



それと同じ内容で、「40万」という工事予算を設定します。



一般の工務店であれば、顧客は担当者さんに工事内容を伝えるわけですが、

「分離発注+材料支給」では、各職人さんと直接やり取りします。



職人とのやり取りについては、まず、工事のメインとなる人を決めます。



お風呂を作るのであれば、「水道屋」か「大工」でしょう。



知り合いやネットなどで、「水道屋」か「大工」を探します。




例えば、水道屋さんにまず現場を見てもらいます。



水道屋さんは、

「今のお風呂を解体して、新しいお風呂を据え付けて、給水・排水を整えることはやるけど、解体後の壁をきれいにしたり、ゴミを捨てたりはできない」

などと言います。



そこで、「解体後の壁をきれいにしたり、ゴミを捨てたり」するのは、

大工さんに見積もりしてもらいます。



大工さんは、

「解体後の壁をきれいにするのは得意だけど、ゴミを捨てるのはできない」

などと言います。



その場合、最後にゴミ屋さんにゴミを捨ててもらいます。



この例で登場するのは「水道屋」「大工」「ゴミ屋」です。



それぞれ、見積もりなどしてもらって、安い人や融通の利きそうな人を選びます。



全ての職人がそろったら、職人たちが互いに連携できるよう、全員が電話できるように電話番号を伝えます。




そして、材料は、オークションやネット通販でそろえるのがかなり安くつきます。



職人は定価の30%OFFぐらいですが、ネットなら定価の半分以下が多いです。



職人に任せると、当然ながら商品に少し手数料を乗せるので、定価に近くなります。



以上の手順を丁寧に踏むと、一般工務店に全てお任せして「80万」だったとしたら、「分離発注+材料支給」すると「40万」ぐらいになります。



あれこれの手間が面倒臭い場合、一般工務店に任せれば良いです。



手間をかけてもコストを減らしたい場合、「分離発注+材料支給」が良いです。



以上、ご参考になれば幸いです。



次は、後編 応用編「多能工、何でも屋、薄く広い人夫」についてご説明します。



前編「分離発注+材料支給」では、

「楽してコスト80万」

「苦労してコスト40万」

でしたが、

後編「多能工、何でも屋、薄く広い人夫」では、

「楽してコスト40万」

です。


人気ブログランキングへ 

Facebook(村上祐章)の受付を始めました





「工事代を半分にするノウハウを、ご説明します。 前編」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    どんな材料が必要かどうかわかればいいですけどね。
    もし、何かの材料が1本足りないなど発生したら職人の手が止まってしまいますしね。
    ようは自分で施工管理するということですが、簡単なことではないと思います。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ようは一回すべて自分でやってみると、おのずと職人とも話が通じあい、95%のいるものは確認で電話で済むわけです。

    職人でもない素人モドキが工務店の営業をしたりしているので、素人が単純工事の施工管理など簡単なことですね。

    ワタシのとこでも半額から3分の1には余裕でなります。

    廃墟さまのブログを読んで、堂々と難しいだの簡単でないの書き込む人間は、たぶん何やっても無駄でしょう。

    四の五の言わずにやってみろと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です