工事代を半分にするノウハウを、ご説明します。 後編


前編で、「分離発注+材料支給」を簡単に説明しました。



工務店の見積もりは普通に半分にできるわけですが、

そうするにはやはり手間がかかります。



しかし、「多能工、何でも屋、薄く広い人夫」などを使うと、

手間をかけずに、コストを半分にできます。



「コストを半分」とかなり控えめに言っていますが、

工務店の見積もりには、営業マンやOLたちの人件費、

営業マンの営業車、広告費、一等地にある本社の土地・建物代、

莫大な利益などが全て含まれているので、

「コストを3分の1~5分の1」ぐらいが適切です。



しかし、中には安い工務店も存在するので、「コストを半分」ぐらいの表現にとどめておきます。




「多能工」とは、ほとんど何でもできる職人さんのことです。



元から多能工であるわけではなく、本業は大工さんだったり、クロス屋さんだったりします。



こういう人は、例えば本業が電気屋さんである多能工の場合、

電気95点 大工60点 水道65点 クロス55点 塗装55点 屋根60点 

みたいな感じで、本業以外は少し下手だけど、高級でない賃貸なら任せられます。




「何でも屋」とは、ゴミ屋さん、便利屋さんのことです。



彼らは、元の仕事が職人さんであることも多く、そうじゃなくても、
基本的に器用なので、だいたい何でもこなします。



ほとんどの作業が60点前後です。

多能工よりさらにコストカットできます。



「薄く広い人夫」とは、日雇い人夫やプータロー・フリーターのうち、やはり何でも器用にできる人のことです。



ほとんどの作業が50点前後です。



彼らは報酬を「日当」で考えるため、何でも屋さんよりさらに安く作業してもらえます。



「謝礼は40万だから、10日でやれば日当4万ですよ」と言うと、彼らにとってはかなりのモチベーションUPになります。




「多能工、何でも屋、薄く広い人夫」なら、「分離発注」せずに済みます。



そして、彼らに仕事を頼むコツは「材料込」の一括予算の提示です。



「いくらかかるのか見積もってもらう」のではなく、「40万以内でやってください」という頼み方です。



私はこれを「逆見積もり」と呼んでいます。



出会うには、数を当たっていくことです。



「私、多能工です」なんてホームページを出している人はいません。



何でも屋さんならネットで見つけやすいですが、見つけやすい人ほど高いので、

電柱に貼ってある落書きのようなチラシの何でも屋さんの方が、良いと思います。


人気ブログランキングに参加。 

※Facebookを受付することとしました。名前は村上祐章です。
↑ 「友達リクエストしていいですか?」と聞かずに「友達リクエストしていいですよ」という意味です。




「工事代を半分にするノウハウを、ご説明します。 後編」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です